漫画ネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ネタバレ【6話】おまえ

5話では、爽の母が精神病院に入院していること、結婚指輪をつけない本当の理由。

爽の二つの嘘が明らかになりました。

カズと瑠衣は、出会った日のことを回想しながらも不倫関係を続けますが、爽は元カレ・秋山と再会し胸を高鳴らせます。

【ギルティ】6話ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!

やっぱり漫画は絵付のほうが断然おもしろいですよね★

【ギルティ】6話のネタバレ

爽がまだ高校生だったころのこと。

当時の彼氏・秋山と、秋山の父の定食屋でご飯を食べている秋山と爽。

秋山の父に食べっぷりを褒められる爽を、「よく食うな、おまえ」とからかう秋山。

怒りながら帰ろうとする爽に、秋山は「おまえすぐ拗ねんなよー、めんどくせーなー」と言います。

 

そして現在、再会を果たした二人。

久々に会う秋山の第一声は、おまえ 老けたな、でした。

一緒に来た後輩・結に、高校の同級生だと秋山を紹介する爽。

秋山の父親は亡くなっていて、現在は元々あった定食屋をイタリアンに改装し、秋山が店長として営業しています。

爽に「おまえまだこの仕事頑張ってたんだな、えらいじゃん」という秋山に、仕事モードに切り替えた爽は、改めて自己紹介して名刺を渡します。

 

順調に撮影は終わり、バイト君からの電話で結は席を外し、秋山と二人きりになる爽。

撮影で使用したピザを片付けようとする秋山を見て、爽は「朝からなにも食べてない」とピザを食べ始めます。

おまえ相変わらずがっつくなあという秋山の、薬指の指輪を見て、「結婚したんだね」という爽。

おまえもな」と秋山は返します。

帰る前にお手洗いで席を外す爽。

秋山は、結の「じつはここ来る前に荻野さんと牛丼を食べた」という言葉と、先ほどまでピザを食べていた爽を重ね、吹き出して笑うのでした。

 

爽は、息を切らして、顔を真にしながらチートンのっ赤ドアを思いきり開けます。

元彼に遭遇し、動揺している爽の話題で盛り上がる一同。

そこに瑠衣も来店し、さらに盛り上がります。

相変わらずムカつく男だったと爽は話しますが、そうは言っても動揺している爽に、瑠衣は「結婚したらほかのひとにときめいちゃいけないなんて法律で決まってないから、別にいいと思う」と言います。

これから先仕事で絡んだらどうなるかわからないと盛り上がる一同に、爽は顔を赤くしながらもきっぱり否定します。

しかし、爽も心の中では、変わらない顔で笑う秋山に心臓が跳ね上がった自分に気づいていました。

ひとしきり盛り上がり、帰ろうとする爽と瑠衣。

未来は、帰り際の瑠衣の曇った表情を見逃さず、龍と「瑠衣さんって謎っすよね」と話すのでした。

 

爽が家に帰ると、カズがケーキをもって出てきました。

爽はうっかり忘れていましたが、今日は毎年恒例「出会った記念日」でした。

カズにマフラーがないことを指摘された爽は、秋山のお店にマフラーを忘れてきたことに気づきます。

これからもずっと一緒にいてね」とキスをするカズ。

爽は心の中で、秋山のことを考えていた自分が最低だと思います。

そのころ、瑠衣は、カズからの「今日は行けない」というメッセージを見て、悪意に満ちた表情をしているのでした

 

次の日の仕事中、爽はバイトの寺嶋の仕事のサポートをして、美人なうえに優しい、と寺嶋に感謝されます。

その会話を聞いた結は、「人妻を口説くな」と寺嶋を叱ります。

その結の言葉で、昨夜の瑠衣の「結婚したらほかの人にときめいちゃいけないなんて」という言葉を思い出し、心の中でそれはいけない事だ、と言い聞かせます。

そして、秋山の店の紹介記事を結に任せた爽は、浮かれていた事を反省します。

お互い結婚しても、自分と同じくらい相手も自分を忘れていなければいいと願っていたことに気づき、指輪をちゃんとつけようと決心します。

 

一方、カズと瑠衣は一緒にいます。

帰ろうというカズに、瑠衣は「もうちょっとだけ一緒にいて」と言い、カズを引き止めます。

「私のほうが、好き」と涙を浮かべながら瑠衣はカズに抱かれます。

 

そのころ、爽は秋山からの突然の着信に動揺します。

おまえさー、これから店来れる?

秋山の声を聴きながら、指輪をつける決心をしたはずの爽の心は揺らぎます。

 

私の名前も呼ばないようなこの人が、私を一瞬で戻れもしない頃に引き戻す。

 

爽の頭の中に浮かぶのは、からかう秋山の言葉に拗ねて帰ろうとした、高校生のあの日。

「めんどくせーけど、可愛いな おまえ」という高校生の秋山の言葉。

 

高鳴る心臓を抑えて、電話の向こうの秋山に向けて爽が絞り出した言葉は、「だから…おまえって呼ばないでよ…

私を「おまえ」って呼ぶのも、この人だけだった。

ギルティを半額で1,925円もお得に読む方法!

ギルティ先行配信しているのはまんが王国だけです。

他の配信会社6巻までしか配信されていませんが、まんが王国では7巻まで配信しています!

ギルティは文字だけのネタバレではなく、絵付の方が断然面白いです。

まさかの裏切り者がいたり、細やかな表情も絵付で読んでもらいたい漫画!!

まんが王国では、無料登録をすると[半額クーポン]がもらえるからお得なんです♪

7巻×550円=3,850円⇒「半額クーポン」で1,925円で最新刊までお得に読める計算です^^[/chat]

約2千円のお金が浮いたら大きいですよね!

1度ダウンロードすれば、ネット環境のないところでも通信料を気にすることなくオフラインで楽しむことが出来るんです。

まんが王国は、メールアドレスやTwitterのアカウントで手軽に無料登録が出来るので、簡単に[半額クーポン]をGETする事ができますよ^^

支払い方法が[クレジットカード払い]と[携帯料金合算払い]が選べるからうれしい!

解約もスマホから簡単にできるから安心です!
>>【まんが王国】登録&退会方法の手順!スマホ画像で説明

この機会に是非お得にギルティや他の漫画を楽しんでください!

毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか?

まんが王国 ギルティはこちら!

【ギルティ】6話の感想

爽と秋山が再会し、今回の話を通じて、ずっと爽が秋山への思いに振り回され、動揺している様子が伝わってきました。

それでも、理性を保とうと思いなおす爽ですが、隠し切れない気持ちに嘘は付けないようでした。

繰り返される「おまえ」という呼び方に、一定の親しみを感じます。

そして、これまでカズと瑠衣の不倫ばかり描かれていましたが、実は爽も心の中ではずっと想っている人がいたのですね。

その想いを、何か行動に移すのか、心の中に秘めているだけなのか、それによって全く展開が変わってきそうだなと思いました。

 

印象に残ったシーンは、「だからおまえって呼ばないでよ」という、爽の言葉が印象的でした。

心の中で、過去を回想しながら…高鳴る心臓を抑えながら。

顔を赤くしながら、絞り出した言葉は、ぶっきらぼうにも聞こえますが、どこか隠し切れない気持ちを感じさせられました。

まとめ

【ギルティ】6話のネタバレ感想を紹介しました!

次話は、

爽はおそらく、秋山の店にマフラーを取りに行くと思います。

そこで、爽は自分の気持ちと行動をどうするのか。

節々にちゃんとカズのことを思っている素振りが見えるので、行動には移さないだろうとは思いますが、二人の行動が気になるところです。

絵付で無料で読める方法はこちらからどうぞ☆

>> 【ギルティ】絵付で最後まで無料で読む方法

【まんが王国公式サイト】https://comic.k-manga.jp/

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ