漫画ネタバレ

ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~【ネタバレ1話】結婚1年目

『ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~』最初は良い人だったのに、夫は結婚してから変わってしまった・・・・家ではモラハラ夫、外では外面のいい誰からも慕われている。でも、最近左の胸が痛い・・・

今日は夫の会社の慰安旅行。ついてきたはいいけど、今日も夫に理不尽なことで

怒鳴られる和香・・・その度に胸の痛みが強くなって・・・・?

【ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~】1話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国

ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~【1話】ネタバレ!

和香は今日、夫の会社の慰安旅行に妻として参加していました。

呼び止められた一ノ瀬部長に挨拶をした後、

夫に呼び出された和香は、

なんだあの態度は。俺の上司が目の前にいるのに

ぼーっとしやがって。お前の態度が折れの評価にもつながるんだ。

お世辞の一つでも言えよ。」

と怖い顔をして夫に一方的に責められました。

「これ以上醜態さらす前に部屋に戻ってろ。」

夫とは結婚して1年、やっぱりうまくできないなぁ・・・・

和香が落ち込んで旅館の廊下を歩いていると、三味線の音が聞こえてきました。

音の鳴る方へ向かうと、男性が月明かりの下心地よい音色を奏でています。

それに聞きほれていると、男性は和香に気付き

「こんばんわ。」

と声を掛けてきました。つい立ち聞きしてしまってすみませんと和香が

謝ると、男性は「弾いてみる?」そう言って三味線を渡してきました。

そして優しく弾き方を教えてくれ、夫以外の男性の手を

久々に触った和香はドキドキしながら三味線を弾きました。

2人が楽しく話していると、

「おい なにやってんだ」

そう言って夫が現れたので、和香はバッと立ち上がりました。

「ありがとう じゃあ」

そう言って和香が三味線を返すと、

「またね」

と男性は言いました。

夫は和香の手を引っ張りながら、

「部屋に戻ってろって言ったろ。

俺の上司には気を遣えないのに、若い男には色目つかうのか?

お前と結婚したの後悔してるよ 和香。

と言い、聞き覚えのある”和香”という名前を聞いた男性は驚いて振り向きました・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和香たちの住まいは、夫の希望で購入したベイエリアのタワーマンションで

親に資金援助してもらってまで無理して住むことになりました。

夫は上の階に住んでいるのがステイタスのようで、

下の階に住んでいる住民たちを見下していました。

夫はいつも和香のことを馬鹿にしてくるくせに、夜は積極的で

体調が悪くてと断っても「妻の務めだろ」と言って、無理やり抱いてきます。

なにかを言われる度、和香は胸が痛いのを感じていました。

ある日、残業して帰って来た夫のシャツから女性ものの香水の香りがしました。

でも、参院電車で匂いがうつったんだと思い込むことにしました。

和香の両親の前でもいい顔をする夫は、両親からも好かれており

「良い旦那さんを捕まえてよかったね」と言われるぐらいでした。

そんな母親の電話を切った後、もう1本の電話が鳴ったので

出てみると知らない男性の声がしました。

「和香さんですよね?」

自分の名前を呼ばれた和香は、

「あの・・・どちら様ですか?」

と聞きました。すると、男性はこないだ三味線を弾いてたものですと

答えました。ああ・・・あの時の・・・でもなんでうちの番号知ってるんだろう?

和香が不思議に思っていると、

「いきなりですみませんが、会えませんか?

ちょっと確かめたいことがあって。時間取らせないですから。」

と言われ、和香は怖くなりました。

でも、番号を知ってるぐらいだからウチの住所まで知ってそう・・・

もし今日会わなかったらずっと電話をかけてくるにちがいないと思った和香は、

会うことを了承しました。

【あの時はあんなに優しかったのに、どうしてこんなことするの?】

夫も出会った頃はすごく優しかったのに、男の人は怖い・・・

和香がビクビクしながらも、指定されたカフェに向かいました。

ここは人目があるから大丈夫よねと思いながら、和香は席に着くと

「あの・・・どうしてうちの番号・・・」

恐る恐る聞いてみました。すると、

「あぁ俺一ノ瀬って言います。父が和香さんの旦那さんと同じ会社に勤めてて。」

と言うので、もしかして一ノ瀬部長?と和香が聞くと、そうですと男性は答えました。

「和香さんちの番号知りたくて職権乱用しちゃった。」

そんな風に言う男性を見ながら、和香は夫の会社のつながりなら一応安心かなと思いました。

「でも・・・・どうして私を・・・?」

和香がそう聞くと、男性は恥ずかしそうに

「勘違いだったらすみません。和香さんってもしかして・・・・

ピアノやってた和香ちゃん?

この写真覚えてない?」

と言いながら、1枚の写真を取り出しました。

それを見た和香は、学生の時通っていた音楽教室の写真であることに気付きました。

「うん・・・これ私・・・」

和香が懐かしい・・・そう思いながら答えると、

よかったーーー!人違いかもしんないし、すげー緊張した。

これ 俺。

と男性は言って、写真の中の男の子を指さしました。

そこに映っていたのは、すごく楽しそうにいつも三味線を弾いていた”けい君”でした。

あの けい君なの?なんだ・・・最初からそう言ってよ!」

和香は悪い人じゃないと分かると、安堵して涙が溢れました。

けい君は今は20日になり、大学生になったと聞いた和香は

すっかり男の人だなと思いました。

10年ぶりか~と懐かしく感じながら、離していると

あの教室はけい君の叔父さんの教室であることが分かりました。

あの時は仲間もいて楽しかったな・・・・和香がそう思っていると、

今度音楽教室で子供たちに音楽を教えるイベントをやるから、

ピアノを教えてくれないか?とけい君に突然頼まれました。

和香が最近ピアノしてないし無理無理!と断ると、

「和香ちゃんならできるよ。うちの教室で一番ピアノうまかったじゃん。」

と言われ、和香は嬉しく感じました。

そしてずっとあった胸の痛みがなくなっているのに気づき、

こんなに気持ちが軽いのは久しぶりでした。

「ありがとう。考えてみるね。」

パンフレットを受け取ると、スマホが鳴ったので画面を見ると夫からでした。

仕事中なんか滅多にかけてこないのにどうして?

そう思いながら席を外し、出てみると・・・・

「和香お前マンションに出す書類間違ったろ!

俺の会社にまで問い合わせが来たんだ!

まったく どこまで俺に恥かかせるんだ!」

和香は夫の威圧的な声に委縮し、

スマホを持ってる手が震えだし、そのままその場に倒れてしまったのです・・・!

 

 

ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~【1話】感想

マジでモラハラ夫ムカつく・・・!人を見下すことと、自分より上の人には

イイ顔するとこ典型的すぎて殴りたい(怒)

和香が何も言わないと分かってこの男、結婚して浮気三昧してやがるな・・・

早く正体を会社の人達の前とかで晒して成敗してやりたいとしか思えないな~。

和香ストレスで倒れちゃうし、心配すぎる・・・

まとめ

夫の威圧的態度に委縮してそのままその場に倒れて気を失ってしまった和香。

それに気づいたけい君は・・・?!次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ