漫画ネタバレ

ギルティ【34話】ネタバレ!睦月の怒り

33話では、爽が施設の母親に会いに行くと、そこにはなんとカズの姿がありました。

カズは、たまに施設に通っては、爽の母のことを気にかけていたのです。

カズと爽は、初めて両目を開けて今までのことを反省し、謝罪します。

一方、睦月は弥生の遺した日記の中身を読み、恨みの表情を浮かべているのでした。

【ギルティ】34話ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!

やっぱり漫画は絵付のほうが断然おもしろいですよね★

【ギルティ】34話のネタバレ

秋山は、瑠衣からメールを受信していました。

内容は、美和子のことで話してないことがあるから、8時に家に来て欲しい、さらに、引っ越しをしたからと地図が貼り付けてありました。

面白いものが見れるから、1人で来た方がいいと思うと続く文章に、秋山はまだ俺を苦しめ足りないのかと頭を悩ませます。

一方、爽とカズは、話の続きをするために、マンションに場所を移します。

かつて2人で住んでいたとは言っても、瑠衣を上げたこともあり、上がるのを躊躇するカズ。

しかし、爽は自分もここを出るつもりだと話します。

瑠衣から離れたおかげか、母の調子がだいぶ良くなっています。

だから、実家に帰って母を引き取ろうと考えていました。

話は本題に入り、爽はカズが母の病院や、蛍太の保育園の場所を知っていた理由を尋ねます。

その時、チャイムが鳴り響き、カズが対応します。

「週刊WADAIでーす」

そう言ってそこに現れたのは、なんと守屋でした。

カズと守屋は2、3年前に仕事をしたことがありました。

しかし、カズはプライベートと仕事を分けていた為、守屋も爽もカズとの繋がりはお互い知りませんでした。

カズは、爽が異動したタイミングで、「これ以上元嫁が傷つかないように見守ってくれ」と守屋に連絡をし、いろいろなことを調べてもらっていました。

面白半分で引き受けた守屋は、最初から全部知っていて、爽からいろいろ引きずり出すために動いていたのでした。

三人は、一度情報を整理します。

瑠衣の行動全てが兄を好きだからという理由だけとは到底思えません。

そしてその恨みは、秋山やその家族にも向かい、無差別攻撃になっています。

瑠衣には、そこまでする恨みが別にあるのではないか。

思い返すと、瑠衣はイタリアから帰国した秋山に会いに行かず、爽とカズに近づいています。

秋山がイタリアに行っている間に、瑠衣に何かがあった。

「全部ぶっ壊したい何か」が。

睦月は、弥生の日記を持って駿のもとに向かいます。

しかし、その日記は、ところどころ睦月によって破られていました。

カズと守屋と話を続けた爽は、睦月も瑠衣の手駒だったということから、駿に被害が及ぶ可能性を考えます。

しかし、カズは駿の施設では門前払いで会わせてもらえません。

いてもたってもいられなくなった爽は、心配するカズを横目に、自分が駿に会いに行くことにします。

駿の施設に行くと、家族以外の面会を断られます。

爽が、弥生の関係者だと話していると、施設の中から駿が出てきます。

初めて見る駿は、カズにそっくりでした。

駿は、先ほど睦月から預かった弥生の日記を差し出します。

爽は、その日記がところどころ破られてることに気付きます。

駿は、「ときどき電話があって、母さんはもうやめてって泣いてた」と話します。

その電話の相手は、瑠衣だと思う爽。

そして、駿は睦月はもう来ないのかと尋ねます。

いつもは「また来るね」と言って帰っていく睦月が、今日は「元気でな」と言っていたようでした。

一方、マンションに残った守屋とカズ。

守屋は、カズにある事件の記事を見せます。

その記事は瑠衣のことではないかと守屋は話します。

瑠衣は、中学時代、母親を階段から突き落とし、傷害事件を起こして保護観察を受けていました。

瑠衣は、睦月に呼び出され、睦月の家に来ていました。

外で話そうという睦月。

エレベーターが故障しているため、階段で会話をします。

睦月は、弥生の日記の切れ端を見ながら話します。

その日記には、結婚報告の葉書が送られてきたこと、オギノサヤカを名乗る女性から何度も電話があることが書かれていました。

オギノサヤカは、冷徹で、血も涙もない悪魔のような女だと思う。

その一文を読み、睦月は爽のことを思います。

睦月から見た爽は、姉によく似ていました。

強いけど弱い、でも、弱いけど優しい。

その時、階段の下に秋山が現れます。

驚く瑠衣。

秋山を呼び出したのは瑠衣ではありませんでした。

弥生の日記には続きがあります。

カズは、愚かだけど頭の悪い人ではないから、こんな悪趣味な女は絶対に選ばない。

”あれは絶対奥さんじゃない。”

睦月には、その人物が瑠衣だと言うことがわかりました。

睦月は、瑠衣を階段から突き落とします。

「無様に死ねよ、大好きなお兄ちゃんの前で。」

地面に打ち付けられた瑠衣から見た空は赤く、それは、瑠衣の母が最後に見た色と同じでした。

ギルティを最新刊まで半額で1,925円もお得に読む方法!

ギルティ先行配信しているのはまんが王国だけです。

他の配信会社6巻までしか配信されていませんが、まんが王国では7巻まで配信しています!

ギルティは文字だけのネタバレではなく、絵付の方が断然面白いです。

まさかの裏切り者がいたり、細やかな表情も絵付で読んでもらいたい漫画!!

まんが王国では、無料登録をすると[半額クーポン]がもらえるからお得なんです♪

7巻×550円=3,850円⇒「半額クーポン」で1,925円で最新刊までお得に読める計算です^^[/chat]

約2千円のお金が浮いたら大きいですよね!

1度ダウンロードすれば、ネット環境のないところでも通信料を気にすることなくオフラインで楽しむことが出来るんです。

まんが王国は、メールアドレスやTwitterのアカウントで手軽に無料登録が出来るので、簡単に[半額クーポン]をGETする事ができますよ^^

支払い方法が[クレジットカード払い]と[携帯料金合算払い]が選べるからうれしい!

解約もスマホから簡単にできるから安心です!
>>【まんが王国】登録&退会方法の手順!スマホ画像で説明

この機会に是非お得にギルティや他の漫画を楽しんでください!

毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか?

まんが王国 ギルティはこちら!

【ギルティ】34話の感想

カズと守屋が繋がっていたとは驚きました。

守屋の今までの行動は全て爽を守るため、カズとの約束を守るための行動だったのですね。

しかしそれを悟らせず、かつ多くの情報を集められる守屋はさすがです。

また、弥生の日記の内容、瑠衣が弥生に対して行ったことが判明しました。

この当時は、瑠衣とカズの面識はなかったはずなのに、それすらも関係なく弥生を苦しめたのですね。

カズにとっては、知らない所で、知らない人物が、自分と自分の嫁の名前を使っていたということですよね…。

瑠衣は弥生の死はカズのせいだといっていましたが、改めて直接の原因はカズのせいなんかではないなと思わされました。

瑠衣を突き落としてしまった睦月の姿が悲しくて印象に残っています。

もともと以前も、爽とカズに恨みを募らせていて、カズを殺害しようとしていたのでしたね。

爽達と関わったことによって、その感情は一時抑えられたと思っていました。

しかし、弥生の日記を読み、瑠衣に姉弟ともに利用されていたことを知ってしまい、怒りが倍増してしまったのでしょう。

瑠衣に対する同情はあまりできませんが、睦月が自分の手を汚してしまいました…。

駿にとっても、心の拠り所は睦月しかいなかったはずなのに、こんなことになってしまってすごく悲しいです…。

しかしこの事件は、多くの人の気持ちを利用し、嘲笑い、苦しめてきた瑠衣の恐ろしさを改めて実感する出来事でした。

早く瑠衣のしたことや思惑が明るみになって欲しいと思いました。

まとめ

【ギルティ】34話のネタバレ感想を紹介しました!

睦月によって落下した瑠衣。

瑠衣は一命を取り止めたのでしょうか。

そして、徐々に真実に近づいている爽達、現場に呼ばれた秋山、そして、罪を犯してしまった睦月の様子など、物語が一気に動きそうです。

絵付で無料で読める方法はこちらからどうぞ☆

>> 【ギルティ】絵付で最後まで無料で読む方法

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ