漫画ネタバレ

ギルティ【33話】ネタバレ!カズの償い

32話では、蛍太を利用して万引きをしていた美和子と話す秋山。

美和子と瑠衣の過去が明らかになります。

一方、爽は守屋の前で初めて素直な気持ちを吐き出します。

その頃、新たな企みからか、蛍太に触れようとする瑠衣の手を掴んだ人物は、カズでした。

【ギルティ】33話ネタバレと感想を紹介します。

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレです。

ネタバレだけじゃつまらない!

やっぱり漫画は絵付のほうが断然おもしろいですよね★

【ギルティ】33話のネタバレ

爽は、守屋から隠れるようにコソコソとしていました。

痺れを切らした守屋は、爽にキスのことを気にしてるのかと尋ねます。

中学生じゃあるまいし、と言い返す爽ですが、少し動揺しています。

爽と守屋は、あの後飲みに行きましたが、爽はその後の記憶がありません。

守屋の話では、泥酔して家の場所が説明できず、守屋の家で爆睡していましたが、突然飛び起きてタクシーで帰ったようです。

軽口を叩き合う2人ですが、爽は守屋のおかげで少しだけ息ができる気がしていました。

しかし、放置しておけない現実もあります。

爽は、母の病院に行き、久々の「子供役」をしなくてはなりません。

しかし、母の様子は良好で、よく一人で散歩もしているようでした。

母の変わりように驚く爽。

しかし、

「今 ご家族がお見えになっていますよ」

「最近たまにいらしてますけど、黒髪の…」

それを聞いた瞬間、瑠衣の顔が浮かび、母の元へ急ぎます。

しかし、ベンチで母と話をしていたのは、カズでした。

母とカズは、爽の話をしていました。

母が忘れていたはずの、大人になってからの爽の話。

カズが教えるように、思い出させるように母に話しかけています。

「あの子は、私になりたくないの
でも似てる
本当は1人でいられないのに1人でも平気って顔をするの」

隠れて聞いていた爽は、母の言葉に涙します。

自分にできることはあるかと尋ねるカズに、母は爽の事をもっと知りたいと答えます。

しかし、それはカズも同じ気持ちでした

母は、カズに「あなたは爽の恋人…?」と尋ねます。

「いえ、でもすごく大事な人でした」

そう言うと、また来る約束をしてカズは席を立ちます。

”私のことは私に聞いてよバカ”

久々に聞く母の普通の声に涙が止まらない爽。

爽は、カズと顔を合わせ、久しぶりに2人で会話をします。

カズは、責任を取って会社を辞めた後、同業者である父親にも頭を下げに行っていました。

父親は、カズと弥生の離婚によって会社を潰されていて、生きがいだった仕事をなくして体を壊し、母親が看病をしていました。

カズが頭を下げると、「俺が育て方を間違えたせいだ」と、決してカズのせいにはしませんでした。

しかし、母親には横っ面を叩かれました。

強くなってる母親の姿に、自分はずっと母親に怒られたかったただのマザコンだったと笑うカズ。

爽は、知らない人と話をしているようでした。

親を泣かせ、嫁2人苦しめて子供を見捨て、人として終わっている気がしたカズは、自分のできる償いはしたいと思っていました。

爽の親のことは踏み込んではいけないと思ってきたけれど、自分の親が苦しんできたのを目の当たりにして、自己満でも謝りたくて爽の母に会いに来ていたカズ。

そして、爽が1人で抱え込んでいたものを知り、旦那面していた自分が恥ずかしく思えていました。

爽も、母親の事を知っている秋山を心の支えにして来たことに気づいたことを謝ります。

カズは、息子の駿にも会いに行きましたが、睦月が手を回しているせいか門前払いでした。

その頃、駿は、睦月に「母さんのものをなんでもいいから持っていたい」と話をしていました。

爽もカズも、駿を守って来た睦月を憎む気にはなれませんでした。

今頃夫婦のような会話をして、おかしいねと言い合う2人。

「さーちゃんの子供が欲しいって気持ちも、無視してごめん。

ちゃんと向き合うべきだった」

やっと両目を開いてお互いを見たときには、もう夫婦じゃないなんて、なんて皮肉なんだろうと思う爽。

カズは、蛍太の保育園の前で瑠衣に会ったときの話をします。

睦月が言っていた、弥生の様子がおかしくなった時期の話が気になったカズは、睦月や瑠衣、そして秋山のことを調べていました。

瑠衣は以前、子供ができない身体だと言っていました。

兄に執着してる狙いの一つは、子供なんだと思うと話すカズ。

今までカズは、瑠衣が睦月を操るために弥生の死を利用したと思っていました。

しかし、実際はもっと前から始まっていました。

爽とカズの結婚を弥生に知らせたのは、瑠衣ではないか。

つまり、睦月ですら、瑠衣の手駒でしかありませんでした。

だとしても、証拠などどこにもないと笑う瑠衣。

「安心して、弥生さんが亡くなったのは、ちゃんと荻野さんのせいだから」

爽達がそんな話をしていたその頃、駿の言葉を聞いて、弥生の私物を開ける睦月。

すると、カズと爽の結婚報告の葉書が出てきます。

睦月の恨みを利用するために、弥生を自殺まで追い込んだのは瑠衣でした。

逃げられない

爽はそう思います。

どこまでも蛇のように絡みついてくる瑠衣の執念。

一方睦月は、結婚報告の葉書を握りしめ、恨みのこもった表情を浮かべるのでした。

ギルティを最新刊まで半額で1,925円もお得に読む方法!

ギルティ先行配信しているのはまんが王国だけです。

他の配信会社6巻までしか配信されていませんが、まんが王国では7巻まで配信しています!

ギルティは文字だけのネタバレではなく、絵付の方が断然面白いです。

まさかの裏切り者がいたり、細やかな表情も絵付で読んでもらいたい漫画!!

まんが王国では、無料登録をすると[半額クーポン]がもらえるからお得なんです♪

7巻×550円=3,850円⇒「半額クーポン」で1,925円で最新刊までお得に読める計算です^^[/chat]

約2千円のお金が浮いたら大きいですよね!

1度ダウンロードすれば、ネット環境のないところでも通信料を気にすることなくオフラインで楽しむことが出来るんです。

まんが王国は、メールアドレスやTwitterのアカウントで手軽に無料登録が出来るので、簡単に[半額クーポン]をGETする事ができますよ^^

支払い方法が[クレジットカード払い]と[携帯料金合算払い]が選べるからうれしい!

解約もスマホから簡単にできるから安心です!
>>【まんが王国】登録&退会方法の手順!スマホ画像で説明

この機会に是非お得にギルティや他の漫画を楽しんでください!

毎日がんばっている自分へのごほうびに、大好きな漫画を読んで息抜きをしてみませんか?

まんが王国 ギルティはこちら!

【ギルティ】33話の感想

カズが再登場し、本当にいろいろなことを乗り越えて成長しているようでした。

今まで避けてきた両親と向き合ったり、償いをしようと爽の母に会いに行ったりと、別人のようです。

爽の母も、今まで忘れてしまっていたけれど、ちゃんと娘のことを見ていたのですね。

カズの動きによって、爽と母のわだかまりも溶けていきそうな気がします。

両目を開けた爽とカズは、お互いの弱かったところを認め合い、許し合い、絆が強くなった気がします。

一度全てを失った今なら、心からお互いを尊重し合う本当の幸せな夫婦になれそうだな、と、2人の再婚を望んでしまう自分がいました。

逃げなかったカズは格好いいと思います。

そして印象的だったのは、弥生の死にも瑠衣が関わっていたことです。

どこからが瑠衣に計画的に仕組まれていたことだったのでしょう…。

爽を苦しめるために、睦月を利用する準備として、弥生にも手を出した…。

無関係に見えたことが、全て瑠衣の仕業だったとしたらと考えると、今まで以上に瑠衣の存在が恐ろしくなってきました。

まとめ

【ギルティ】33話のネタバレ感想を紹介しました!

カズが再登場し、更なる真実が明らかになってきています。

最後の睦月の怒りの表情は、またカズに向けてなのでしょうか。

それとも、カズが言っていたように、瑠衣の企みに気づいたのでしょうか。

次回は、また睦月の周りで何かが起こりそうな気がします。

絵付で無料で読める方法はこちらからどうぞ☆

>> 【ギルティ】絵付で最後まで無料で読む方法

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ