漫画最新話ネタバレ

【コレットは死ぬことにした】最新刊までのネタバレあらすじ&感想!

【コレットは死ぬことにした】を最初に知ったのは本屋さんです。

「死ぬことにした」というタイトルにびっくりしましたが、カワイイ絵の表紙のギャップだったのを覚えています。

外国の田舎っぽいところで、薬師として生活している少女のコレット。

忙しい毎日に疲れ果てていました。

うっかり井戸に落ちてしまって…

その井戸の底は、冥府とつながっていてました。

そこで、体調を崩していた冥王ハデスと出会い、ロマンスがはじまります☆

 【コレットは死ぬことにした】最新刊までのネタバレあらすじと感想を紹介します

【コレットは死ぬことにした】あらすじ

うっかり井戸に落ちて死んだと思ったコレット

 

目を覚ますと目にしたのは、ガイコツ頭の従者…

コレットが薬師と知ったガイコツ頭は「ハデス様を助けて欲しい」とお願いしてきました。

 

仕事に疲れていたコレットですが…

原因不明の病に犯されたハデス様を目の前に何とか助け出そうと努力します。

 

なんとか原因が分かり治療に専念するコレットですが、何かと距離を置きたがるハデス様に苦戦します。

 

冥王のハデス様は長い間地下にこもって、ひたすら罪人を裁判する毎日だったのです。

それゆえ、人と通い合うあたたかさを忘れていました。

 

コレットに出会った事で次第に心を開いてゆきます。

ハデスと仲間が一緒に仲良くなっていく様子はとてもほほえましいです!

【コレットは死ぬことにした】1巻の感想

タイトルだけみると、何か重そうな内容なのかと思っていたけど、最初1巻を読んでみて面白い題材を使ってきたな~というのが第一印象でした。

 

冥府の神様をキャラクターに使うストーリーは時々みかけます。

が!【コレットは死ぬことにした】は、深刻で真面目なバトルものではないところがGoodです。

 

コレットの薬師としての心がまえや、仕事に対する情熱や、冥府の仲間との日常などの小さくても大切であたたかいことを題材としていることが好きだなぁと思いました。

 

コレットやハデス様にほっこりする内容です。

 

感動する話もあるので、読んでいてホロリと涙することもある漫画で、作者がどんなひとなのか、作品からにじみ出ているように思います。

続きをよみたくなった理由

この物語は、「先の展開が気になる!」というよりは、コレットとハデスと冥府の仲間たちの日常に ほっこりしたいというのが理由です。

  • あたたかい気持ちになる
  • 楽しくておもしろい

という感覚で、続きが読みたくなりました!

 

あと、読み進めていくとコレットやハデス様の暗く悲しい過去が背景にあるんです。

どんな人生を過ごしてきたのか、過去に何があって今があるのか気になったのも理由のひとつですね~。

【コレットは死ぬことにした】ストーリー内容

冥王のハデス様は神さまなので、神さまの世界にいくこともあります。

違うの神さま達が たくさん登場します。

 

この神様達は、おそらくギリシア神話を元にしていると思うのですが、非常に個性的でユニークなんです。

その神様達と関わることで発生するエピソードも増えていきます。

 

少し後の方になるのですが、海神ポセイドンとの関わりででてきたコツメカワウソのコツメくんはとても愛らしいので必見です!

 

また、コレットの現実世界での日常の場面も、より丁寧に書かれていきます。

 

仲間である薬師のところへ行く話もありますし、薬師という仕事のなかで起こる葛藤や問題を乗り越えて行く様子だったりもあります。

 

コレットにひかれていくハデスのイケメンっぷりもしだいに増していきますので、どうぞお楽しみに!という感じです。^^

 

ラブ編では、コレットの明るさに少しづつハデス様が惹かれていきました。

そして、コレットもハデス様を意識するようになります。

 

そしてある日、コレットが助けた若者に求婚されてます。

断れずご両親に会うことに…

 

コレットは、相手のご両親にも気に入られて結婚を迫られちゃいます!

どんどん結婚の話が進むにつれてハラハラしゃいました。

 

コレットは断りますが、それでも迫ってくる若者から助けてくれたのはハデス様☆

ここから、2人の距離が一気に縮まっていくんです。

【コレットは死ぬことにした】お気に入りのキャラクター

ハデス様

ハデス様 大好きです!

最初はコレットに冷たくしてたのに、だんだんコレットに影響されて、素直になっていくのが可愛いです!

また、従者や他の神、さらには亡きもの達への配慮も素晴らしくて、外面も内面もイケメン過ぎます。

冥府のお針子「ハリー」

おそらく『おはりこ』なので「ハリー」なのだろうと思います…。
(こういうネーミングセンスも好きです)

コレットに助けられたことで、親身になって、神様のパーティーに行くときにはコレットの服を作ったり、世話を焼いたりしてくれます。

『なのん』というしゃべり方といい、骸骨なのにかわいらしくて微笑ましく見えてくる…なんともいえない味のある脇キャラクターです。

一見控えめなのですが、戦闘時にはありえない暴力キャラになることも最近わかり、そのギャップが楽しかったです。

【コレットは死ぬことにした】印象に残っているシーン

ふとした時にハデス様から思い出の花の話を聞いてコレットはその花を探しに行きます。

そんな時、その噂を聞きつけた女神たちがハデス様に近づく為にここぞとばかりに参戦してきます。

そして、飽き性の女神たちが帰っていく中、コレットはやっとの思いで花をみつけますが、女神たちに忘れられてその場から帰れなくなってしまいます。

そこで持ち帰ることが出来ない花をスケッチすることにして、そのまま夜を迎えますが、何とハデス様が助けに来てくれます。

そこで、2人月夜に照らされた思い出の花を並んで見てる姿がとても印象的です。

【コレットは死ぬことにした】好きなエピソード

ハデス様のパーティ衣装担当の従者が、何百年もパーティに参加することがなかったハデス様。

衣装を寂しそうに眺めている姿をみたコレットが、何とかまたハデス様に衣装を着てもらおうと従者と奮闘します。

ハデス様もその気持ちを知ってパーティに行ってくれるというエピソードが好きです。

印象に残っているエピソード

最初に商売道具である大切な薬道具を忘れて冥府にきたコレットに対して…

ハデス様が「今お前はひとり殺した」というセリフが、命の次に大事な薬道具を忘れたことに対してだと思います。

この漫画ではかなりキツめのセリフだなぁと思って印象に残っています。

 

そんなクールなハデス様が実は、自分のことよりも、周りの人達のことを一番に考えていたんだと知ることができて、読みすすめるにつれてハデス様のイメージが変わりました。

まとめ

【コレットは死ぬことにした】ネタバレ感想を紹介しました!

バトルもの、少しダークなもの、グロめなもの、エロ方面なものはもう飽きてしまった…

そういう世界じゃない物語が読みたい、という30代くらいの女性にオススメかなぁと思います。

 

ほんわかしたこのあたたかい日常が少しずつ進んでいく様子に癒されると思います。

これから新しい1歩を踏み出す人達全員に読んでもらいたいです。

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ