漫画最新話ネタバレ

コレットは死ぬことにした【最新】102話 ネタバレ!故郷

【コレットは死ぬことにした】花とゆめ17号が2020年8月05日に発売されました!

全話ネタバレはこちらからどうぞ!
>>「コレットは死ぬことにした」ネタバレまとめ!

 

ーヤンはリニと一緒に隊商について旅立ちました。 

その後、男性の格好をしたベレーという薬師がやってきます。 

ベレーのこだわりに触発されつっかかってきた怪我をしている村の男の子をコレットとベレーが間に入る事で父親と和解させました。 

そうしてコレットとベレーはすっかり打ち解けるのでした。 

 

コレットは死ぬことにした[最新話]102話のネタバレ感想を紹介します♪

文字だけのネタバレはつまらない!コレットは死ぬことにした絵付きで読みたい方必見!今すぐ最新号【花とゆめ】をU-NEXTで無料で読むことができます!

詳しくはコチラ!⇒ 【花とゆめ】最新号を無料ダウンロード!人気漫画だけを読みたい

【コレットは死ぬことにした】最新話の102話ネタバレ

ってきたヘルメスがベレーと挨拶し、ベレーは自分の事を驚かなかったヘルメスとすっかり打ち解けました。 
ヘルメスの自己紹介には、いつも普通の人間ではないとばれないかギリギリトークで、聞いているコレットとディオニュソスは振り回されます。

 

ィオニュソスは話を逸らす為にも、用意していたご飯のアピールをして、仲良く4人でご飯を食べます。 
料理の美味しさに感動するベレーが思わず「イオさん(ディオニュソスの仮名)は何者なの?」と言ってしまいます。 
ディオニュソスは得意気に「俺?コレットの親友」と言い、ヘルメスがすかさずにさらっと格上げするなと突っ込みます。

 

レーはコレットに一緒に旅してくれる友達がいるって素敵ねと述べ、コレットは同意しつつも笑って誤魔化そうとします。 
そんなコレットの反応に、くい気味でヘルメスとディオニュソスは「よく言われますぅ」と和やかに笑顔で反応するのでした。

 

んな雑談もしながら、ベレーがコレットに思い出したかのように話しかけます。 
コレットがいる村は、どこかで道を間違えて今の村に住むことになりました 
その話から間違えた場所はここじゃないかとベレーはコレットに伝えます。

 

歴医の村は交差路にあり、昔は今は使われていない道の先に、集落がいくつもあったとされている場所だとベレーは説明します。 
そして、ベレーはコレットがもし探しているなら、詳しい人を探す協力出来る提案します。

 

の話を聞いていたヘルメスがそれなら、自分の得意分野なので自分が見つけると申し出ます。 
最初は遠慮するコレットですが、ヘルメスの好意に甘える事にしました。 
コレットの故郷を探すことが決まり、ヘルメスは翌日朝イチで探すとコレットに伝えます。

 

面はかわり、冥府でコレットがそのいきさつをハデスに説明していました。 
コレットは見られるなら見たいと思った事、そして見たところで何の意味もない事、故郷はおそらく草もぼーぼーで廃墟になっているだろうという事をハデスに伝えます。

 

デスはコレットに故郷を思うのに、意味があろうがなかろうが関係ない景色が変わろうが故郷は故郷だと話します。 
そんなハデスの台詞にコレットは「そっか」と少し嬉しそうに返答します。

 

デスはコレットの鼻をつまみ、コレットの様子を確かめます。 
コレットはいつも通りに「何すんですか」と返します。

 

デスは「別に」と答え、そのままコレットに前に少し聞いた父と母の話をします。

『コレットの母親はパン作りが得意で、探検好きは父親譲り』

ハデスはコレットに前に聞いたことを口に述べ、父親の仕事を尋ねます。

 

レットの父親は陶器職人でした。 
家の裏山に小屋と窯があり、窯焼きの日三日三晩火を絶やさないように村人にも手伝ってもらっていました。

 

いコレットは、窯焼きを手伝おうとチャレンジはしますが、結局は父の隣で寝てしまっていました。 
そんな事を思い出すと自然とコレットは「今もあの窯と小屋あるかな」と呟きます。

 

レットはそんなに冥府に長居出来ない事を思い出し、ハデスに帰る報告をします。 
ハデスはコレットの名前を呼び、コレットの反応を見てから「おやすみ」と伝えます。 
コレットは笑顔で挨拶を返し、ガイコツに地上に送って貰います。

 

明けと共にヘルメスは村を探しに行き、コレットは午前中いつも通り仕事をしました。 
ベレーと二人で仕事をしていると、ヘルメスが帰ってきました。 
 
「コレット、あったよ」 
 

レットは少し目を見開き、感謝を述べながら故郷の様子を窺います。 
ヘルメスは草ボーボーのボロボロだった事コレットが言っていた窯と小屋があった事たくさんの墓石があったを伝えます。

 

して、「いつでも案内できるけどどうする?」とコレットに尋ねます。 
ヘルメスはそう尋ねながら、コレットにだけ聞こえるように言います。 
普通に歩くと遠いからヘルメスの力を使うので、あとはコレットの心次第だと。

 

レットは少し間をあけて大丈夫だと伝え、ヘルメスに昼食後支度して村人達に挨拶をすると伝えます。 
コレットの心は決まっていました。

 

レットは村人とベレーに挨拶をし、村を後にします。 
ある程度歩いた所で、ヘルメスが神の権能で神の道を敷きます。

 

ルメスが神の道を敷くと、ゴッと風が吹きます。 
コレットは思わず目をつぶります。 
そして、かつて師匠とやり取りした会話を思い出します。 

 

「先生、私の村が患った病って何なんですか?」 
 
「今の医学じゃあ名前が分からないがおそらくー」

 

レットは本で読んでいてその病を知っていました。 
そして、コレットだけ奇跡的に罹患しなかった理由を先生はその時教えてくれました。

 

コレットだけ助かった奇跡は、コレットの両親が守ったからだと。

 

レットの故郷は山間にある小さな村でした。 
麦を作り、豆を育て、山羊や羊を放牧する、外との交流が滅多にない閉じた世界でした。 

 

レットが目を開くと、村に到着していました。 
予想通り草ぼーぼーの建物もボロボロです。

 

レットは『ああ来ちゃった』と思います。 
ディオニュソスはコレットを気にかけ、「大丈夫?」と聞きます。 
コレットは肯定します。

 

してディオニュソスは自分達はいいが、コレットは蛇がいたら危ないのではと心配します。 
それを聞いたヘルメスは、自分がいるから大丈夫と応えます。

 

配がなくなったので、村を進むことにし、ディオニュソスは「こんにちはー」と挨拶して進み出します。 
そしてディオニュソスは「コレットに言わなくていいのか?」と尋ねます。

 

レットは少し間をあけ11年ぶりに 
「ただいま」 
と言いました。 
コレットは心の準備はしてきたので、冷静な自分がいることを再確認し、村を進みます。 

 

達の家井戸を発見し、そしてコレットが幼い頃過ごした家も発見しました。 
荒れ果ててはいるものの、料理の窯は原型を残していました。 
コレットはその窯をみて、お母さんとの思い出を思い出します。

 

ルメスが話したくなかったら話さなくてもいいと前置きをしながら、この村に何があったのかコレットに尋ねます。 
コレットは「旅人が来たんです」と応えます。

 

して、遍歴医の村で言われたことを言います。 
「不幸の半分は旅人が運ぶって、ここはまさにそうでした」 

 

多に外から人が来ない村に旅人がやってきました。 
珍しいことでもあり、閉じた村なので、旅人がやってきた話はすぐに村人に伝わり、コレットの母親にも伝わります。

 

しい旅人は、具合が悪く、村長の家で世話される事となりました 
コレットはそんな母親と村人のやり取りをしっかり聞いていました。 
そして母親に水くみを頼まれたので、村にある井戸ではなく裏山の湧き水の方へ向かいます。

 

山に到着し、小屋にいる父親に幼いコレットはさっき聞いたばかりの話をします。 
そして目的である水を汲み、父親の誘いですぐに家には帰らず、小屋でお茶を一緒に飲むことにしました。 
小屋から家は見えるので、コレットは木登りして母親に聞こえるように大きな声でお茶を飲むことを伝えます。

 

レットは木登りしたまま、もう少し大きくなったら父親が陶器を売りに行く時に一緒に街へ連れて行ってくれる事を思い出し、にししと笑います。 
父親に呼ばれ、お茶を飲みながら、コレットは次の窯焼きの予定を尋ねます。

 

して、コレットは「つぎはねない!」と父親に宣言します。 
父親ははははと笑いながら「どうかなぁ」と返答します。

 

レットは自分が出来る事をあげ、謎理論を構築します。 
「パンつくれる、お水くめる、火つけれる、だからおきれる」 

 

のコレットの心意気を父親はかいます。 
「よーしやってみよう。何事もチャレンジ」 

 

して父親はコレットを抱きしめ、 
「いつのまにか色々できるようになったんだなあ」 
と嬉しそうに言います。

 

レットも幸せそうにその言葉を肯定します。 
「そうだよ、できるだよ。コレットはなんでもできるよ」 

 

して、その二日後に旅人が亡くなり、そこから変な事が起こり始めました。

今回はこれで終わります。

【コレットは死ぬことにした】最新話102話感想

レットの故郷の話回でしたね! 

ちょっとしんみりするのかなと思いますが、今のところはコレット的に大丈夫そうです。 

歴医の村についた時に思い返していた事は、この話の前振りだったのかもしれないですね。 

 

してコレットの故郷の話は、ベレーが来たからこそした話で、そしてベレーに話したからこそ遍歴医の村が分岐点じゃないか推測してくれたから進んだんですよね。 

なかなか色々積み重なって分かったようなもので、縁ゆえにという感じです。 

 

縁ゆえについてきているディオニソス様とヘルメス様もそうですしね。

しかし、前回といい今回といいヘルメス様大活躍ですね。 

 

回はコレットの過去の話になるかなと思います。 

つらい話になるでしょうからこころして待ちましょう。 

 

 

回印象に残ったシーンは、ヘルメスが神の道を敷き、その間に先生とのやり取りを思い出す下りを選びました。

 

次回の伏線にもなってそうなシーンですね。 

コレットは幼い頃過ごした村はコレットをのぞいて流行病で全滅し、たまたま尋ねた薬師の先生に出会い、今のコレットがいるわけです。 

その核心にふれていく前触れのようなシーンだと思いますので今回はこのシーンを選びました。 

 

まとめ

コレットは死ぬことにした【最新話】102話のネタバレ感想を紹介しました!

回はコレットの過去編が続きそうですね。 

コレットの出身の村の流行病の話になりそうです。 

つらい話となるでしょうし、心の準備をして次回を待ちたいと思います! 

次回も楽しみですね! 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ