漫画最新話ネタバレ

コレットは死ぬことにした【最新】101話 ネタバレ!それぞれの自分らしさ

【コレットは死ぬことにした】花とゆめ16号が2020年7月20日に発売されました!

全話ネタバレはこちらからどうぞ!
>>「コレットは死ぬことにした」ネタバレまとめ!

 

ロンのハデスと一緒に釣りをする話から、冥府の皆にハデスが日頃の労いとして願いを叶える事になりました。 

ガイコツ達は悩みに悩み、そして盛大に面白おかしく葛藤します。 

ガイコツ日々ハデスの世話をしていることが幸せである為願いはないと結論をだします。 

その後、こっそり来ていたコレットにもハデスは叶えて欲しい望みを聞きますが、コレットは一旦保留にして二人の時間を過ごすのでした。 

 

コレットは死ぬことにした[最新話]101話のネタバレ感想を紹介します♪

文字だけのネタバレはつまらない!コレットは死ぬことにした絵付きで読みたい方必見!今すぐ最新号【花とゆめ】をU-NEXTで無料で読むことができます!

詳しくはコチラ!⇒ 【花とゆめ】最新号を無料ダウンロード!人気漫画だけを読みたい

【コレットは死ぬことにした】最新話の101話ネタバレ

上では、コレットが遍歴医の村に残り、トーヤンとリニを見送っていました。 

リニは隊商に戻り、その隊商から薬師が欲しいと言われ、トーヤンもその隊商についていく事になりました。 

村人達に惜しまれながら見送られ、二人は隊商と共に村を立ち去りました。 

 

では祭も終わり、すっかり皆があの賑やかだった祭りとは対照的に日常生活を送っています。 

ディオニソスは診療所の庭で村の子供達の子守をしており、ヘルメスは神としての本分して隊商を見守りに行きました。 

コレットは診療所の庭に生えている薬草の手入れなどを行い、平和な今を満喫していました。 

 

ィオニソスに呼ばれ、本日初の患者が診療所へやってきました。 

コレットは診療日誌を見ながら訪ねて来た村人のトトさんを診察します。 

そして、その患者と入れ替わりに今度はお客様がやって来ました。 

 

にいるディオニソスはコレットより先に訪問者に気付きます。 

ディオニソスにお客の訪問を言われ、コレットは少し不思議に思いながら入口に向かいました。 

診療所の入口で出会ったのは、ショートヘアー男物青服(薬師の証である服)を着た背の高い女性でした。 

 

「初めまして、ベレーといいます。 

 遍歴医です」 

 

ういうベレーの声と格好にコレットは一瞬戸惑ってしまいます。 

ベレーは慣れているのか戸惑うコレットに「こんなんだけど女ですよ」と自ら告げます。 

コレットは驚きながらも受け入れ診療所の中へ招き入れます 

 

療所の中に入り、少し落ち着いた所でコレットは自己紹介をベレーにしました。 

ベレーはコレットに驚かせた事を謝ります。 

 

「男の格好してる女の薬師なんて普通いないものね。 

 私別に男になりたいわけではなくてね。 

 この方が気が楽なの」 

 

ういうベレーの台詞にコレットは「そうなんですか」と返答します。 

その流れからベレーのショートヘアーについての話もし、髪も同じ理由で切った事そして髪が乾くのが早い話をします。 

 

んなやり取りをしてから、コレットは診療日誌日常の日誌の説明をします。 

日誌をみながらベレーはこの村が本当に遍歴医の村である事実感します。 

そして噂を聞いて進路を変えて、この村にやってきた事をコレットに話します。 

 

レーはコレットの滞在日を確認し、コレットは六日目である事を伝えます。 

そして、その話から今日旅立った遍歴医のトーヤンの話もします。 

トーヤンは4カ月おり、次の人が来ても村にそのまま滞在してもいいを説明します。 

 

レーは話を聞きながら診療日誌を見て、トーヤンが滞在し続けた理由をみつけます。 

ベレーはスズリを頑張ったと評し、トーヤンの薬師の腕も褒めます。 

コレットはそんなベレーの評価からトーヤンがずっと遍歴医をしている事を説明します。 

 

レーはもう少し早く来ていたらトーヤンに会えたのにと残念がります。 

ベレーはコレットにベレー自身もじっくり滞在してみたいと話をします。 

コレットは大歓迎ですと快く受け入れます。 

 

レーが村を見て回りたいと言い、コレットは案内をかってでます。 

道行く女性にベレーの格好で驚かれ、その都度ベレーは「まぎらわしくてすみません。この方がすごしやすくて」と穏やかに説明します。 

 

レットは自分も何かフォローした方がいいか確認します。 

ベレーは大丈夫と言いコレットの申し出を断ります。 

噂は広まり、変わったベレーを村の女の人達が遠巻きに見にやって来ていました。 

 

んな中通りすがりのお爺ちゃんがベレーをトーヤンと勘違いし、おかえりとここに腰をおろしたらいいよと声をかけて去って行きます。 

コレットとベレーは顔を見合わせて「似てるの?」「全然」というやりとりをしながらふふっと笑い合うのでした。 

 

っかり村では新しい遍歴医のベレーの噂話が至る所から聞こえてきました。 

そんな様子を知ってか知らずか、ベレーはコレットに案内のお礼を言います。 

 

レットは慣れないコレット“先生”呼びに耐えかねて、ベレーに自分を”先生“とは敬称をつけず“さん”づけが良いとお願いします。 

ベレーはコレットは自分の事を先生と呼ぶのにと返答します。 

そんなベレーの返答にコレットは頭をかきながら、その矛盾を上手く説明しようとします。 

 

レットからすると他の薬師は皆“先生”で、普段からコレット“さん”と呼ばれる事が多いから馴染んでいるからと、結局しどろもどろに説明しました。 

そんなコレットの様子を見てベレーはふふと笑いコレットの主張を受け入れました 

 

「あなたにとっての自分らしさってことでしょ、わかるわ」 

 

うベレーに言われてコレットはすとんと腑に落ち、ベレーの言う事を肯定します。 

コレットにとって“先生”はもっと先にあるものかつ、自分の年齢のせいもあると更に説明します。 

 

のコレットの説明からベレーが尋ねて来たので、コレットは年齢なぜ遍歴医をしているかの説明をします。 

ベレーはコレットの説明を聞き、遍歴医は様々なんだと驚きます。 

ぞしてベレー自身は遍歴医はまだ三週目である話をし、続けてなぜ旅をしているかの話をしようとします。 

 

かし、ベレーの話は一人の男の子のセリフで遮られます。 

 

「ほんとだ、後姿男じゃん。 

 …でも腕見たら女だな、なんだそのどっちつかず」 

 

に言われた失礼な台詞にコレットは「こらこら君いきなり失礼なことをー」と声をかけようとします。 

しかし、声の主の男の子の顔は怪我をしており、ベレーはコレットを「待った、怪我してる」と制止します。 

 

師二人の前に怪我してる男の子が現れたので、二人は矢継ぎ早に男の子に話しかけます。 

一気にこられて戸惑いながらも、用があったわけじゃないからいいという男の子にベレーもコレットも引きません。 

 

レーが感染症の危険があるので治療しないといけないと、塀から一旦おりるように手をのばします。 

しかし男の子は「偉そうにすんな男女!」とその手をパンっとはたきます。 

 

瞬の沈黙後、ベレーが口を開きます。 

自分に声をかけてしまうほど、自分の姿に怒りを覚えてしまったのかと、そう尋ねます。 

男の子が口を開こうとすると、その子の父親が怒鳴りながら現れました。 

 

「仕事放って何やってんだ! 

 もっぺん殴られてぇのかお前は」 

 

んな台詞を言うおじさんにコレットは事実確認をし、やりすぎだと注意します。 

しかしおじさんは叱っただけで薬師には関係ない、この村の男がこんなんでへたれゃ困るとコレットの注意は全然耳に入りません。 

 

のおじさんの言い分に、男の子はそんな言い分が嫌なんだ反論します。 

そして感情に任せたまま、祭りの事をバカ祭りだと批判し、自分も来年出る事、この村に生まれたからと言って全員が取っ組み合いが好きだと思うなと言い返します。 

 

りを表情にだしているおじさんに、ベレーは「新参で事情に疎いが、先に治療をさせて欲しい」と言います。 

おじさんはあくまでもうちの問題だと片づけようとするのを有無を言わさないようにベレーは再度言います。 

 

「お父上、息子さんは怪我人です、返せません。 

 我々は薬師ですから、一緒に診療所へお願いします。 

 話はそこで」 

 

レーはそうきっぱり言いながら背中に男の子を庇うのでした。 

 

療所ではベレーが男の子の傷の手当てをし、コレットが父親の相手をします。 

コレットは祭りでも危険行為は禁止だったように、手を出すのはだめと再度説得します。 

 

じさんは村の大事にしてきた祭りをバカにされた事が許せないと、コレットにスズリを見て来ただろうと聞き返します。 

コレットは少し間をあけ、気持ちはわかりますけどと返答します。 

 

ズリの名前が出た事で、男の子は顔を俯けます。 

死んだ人を引き合いに出されたらどうやっても勝てないとぼそっと呟きます。 

ベレーはそんな呟きを聞き、男の子と自分とコレットの“さん”と同じなんだねと話しかけます。 

 

レーは男の子の気持ちを代弁します。 

 

たとえ祭りであっても取っ組み合いをしたくない 

ぶつかったり手を出すのは性に合わない 

そういう性を相手に納得させるのは難しい 

 

「だからイライラしてしまったかな」 

 

うベレーが言うと、男の子は間をあけてから肯定します。 

ベレーはおじさんに、村の大事な行事を侮辱するのはもちろんいけない事だけど、もう少し大事な息子の事も想ってあげてくれませんかと話しかけます。 

 

惑うおじさんにベレーは続けて自分の話をします。 

 

自分はそれで街を出てしまったと。 

仕事の師でもある親は自分の姿を認めてくれなかったと。 

誤解を招いて苦労をする、結婚できなくなると。 

 

そう淡々と自分の身の上の話をするベレーさんはあくまでも穏やかに冷静に話を続けます。 

 

我慢して毎日髪を結う事はできると。 

しかしその行為が苦痛だと理解して貰えないのは辛かったと。 

 

レーはそう自分の話をした上で再度おじさんに話しかけます。 

 

「だからどうかご子息の彼らしさを否定しないであげて下さい。 

 若輩ながらお願いです」 

 

じさんは「らしさなぁ」と言いながらも、ベレーの言う事に思う事はあったようで息子に話しかけます。 

そんなに祭りが嫌だったのか皆で宴会するのも嫌なのかと尋ねます。 

 

の子は取っ組み合いに混ざりたくないだけと話し、少し間をあけてから今年の東軍のにせものの宝刀の作戦みたいなのは面白かったと返答します。 

その男の子の話を聞いたコレットは作戦参謀になればいいのではと提案します。 

 

してコレットはおじさんに話しかけます。 

 

スズリが座ったまま参加出来た事。 

走りたい女の子が走れるようになった事。 

薬師も仲間に入れて貰える事。 

 

んな楽しい祭りに息子さんも楽しんで欲しくないですかとおじさんに話しかけます。 

そのコレットの発言におじさんも自分の考えを改めて、息子に参謀だったらやるかと尋ねます。 

男の子もそれならやってみてもいいと返答します。 

 

して男の子は八つ当たりで色々言った事をベレーに謝り、父親と一緒に帰って行きました。 

そんな二人を見送りながら、ベレーは初めてこの格好が役に立ったとコレットに言います。 

 

レーは不審がられて追い払われた事があった話をコレットにします。 

驚くコレットにベレーは珍しいものに警戒するのは仕方がない事だと覚悟はして出て来たと話します。 

もちろん追い払われる事に傷付かないわけではありません 

 

からといってベレーは押しつけるつもりもないとコレットに話ます。 

かといって強いわけでもないのでベレーは遍歴医の村ならとこの村にきたと説明します。 

噂にもなっていて、驚かれはするけれど出て行けとは言われてないと、寛容なら村だとペレーは評価します。 

 

レットはペレーの処置が早くて的確だったと、話し方が大人で勉強になったと褒めます。 

そしてペレーを追い払った人は仕方がないかもしれないけれど、もったいなかったなって思うと話します。 

 

レットはペレーの顔を見て、笑いながら言います。 

 

「私は先生に会えて嬉しい。 

 色んな“先生”に会えるから遍歴医って面白いですね」 

 

う言ってにっこりと微笑みます。 

ペレーもそんなコレットの言動に笑顔になり、「私もよかった、ここにあなたがいて」と返答します。 

 

そんなやり取りをしてそれぞれの今日がふけていくのでした。 

 

今回はこれで終わります。

【コレットは死ぬことにした】最新話101話感想

想は外れてリニは隊商に戻ってしまいましたね。 

トーヤンはやっぱり旅立ち、意外と言えばリニと一緒に隊商にひっついていったのが意外でした。 

 

ーヤンはリニを少し苦手というかスズリの兼ね合いで色々思う所があったという描写があったと思いますので、一緒の隊商についていくというのが意外でした。 

トーヤンもスズリが亡くなって何らかの気持ちの変化があったのかもしれませんね。 

 

回コレット“先生”呼びについて分かりましたね。 

言われてみれば、今までコレットは他の薬師を先生呼びしていたのに、コレットは“さん”呼びだったなぁと、不思議に思わず受け入れて読んでいた自分に驚きました。 

皆様はどうでしたか? 

 

しいキャラのペレーの登場といい、しばらくは遍歴医の村に滞在しそうですね。 

 

 

回印象に残ったシーンは、コレットの薬師がベレーの格好で追い出された話を聞き「私は先生に会えて嬉しい」を選びました。

 

ベレーの立場を同情するわけでもなく、ただただコレットが思った言葉をそのまま伝えているのが、とてもコレットらしいです。 

そしてそんなコレットの台詞にベレーも救われるのではないでしょうか。 

 

その時のコレットの心情としては『薬師の青服には薬師である証明以外ない』という言葉が書かれているのです。 

しかし、あえてそれを言わずに、ただ「会えて嬉しい」という台詞と「色んな“先生”に会えるから遍歴医って面白いですね」という台詞だけで返すコレットの人柄の良さが出ていますね。 

 

そしてそんなやり取りが読者を和やかな気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。 

なので一番印象に残りました。 

 

まとめ

コレットは死ぬことにした【最新話】101話のネタバレ感想を紹介しました!

回も地上編が続きそうですね。 

ただ夜になって終わったので、もしかすると、冥府に行っての話もちょっとはあるかもしれません。 

 

となると…いちゃいちゃ回が少しあるかもしれませんね! 

 

次回も楽しみですね! 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ