漫画最新話ネタバレ

コレットは死ぬことにした【最新】99話ネタバレ!ガイコツの個

【コレットは死ぬことにした】花とゆめ12・13号が2020年5月20日に発売されました!

全話ネタバレはこちらからどうぞ!
>>「コレットは死ぬことにした」ネタバレまとめ!

 

祭りが終わった夜、スズリは危篤になり、トーヤンとコレットは明け方まで側についていますが、スズリは亡くなります 

スズリの死は、リニにもトーヤンにもコレットにとっても何か思うところがあるものでした。 

その夜コレットは冥府に赴きますが、ハデスにいつもと違う様子に気付かれます。 

コレットは事情は話しませんが、ハデスの気遣いに甘えるのでした。 

 

コレットは死ぬことにした[最新話]99話のネタバレ感想を紹介します♪

文字だけのネタバレはつまらない!コレットは死ぬことにした絵付きで読みたい方必見!今すぐ最新号【花とゆめ】をU-NEXTで無料で読むことができます!

詳しくはコチラ!⇒ 【花とゆめ】最新号を無料ダウンロード!人気漫画だけを読みたい

【コレットは死ぬことにした】最新話の99話ネタバレ

府の秘書のガイコツ掃除のガイコツ風呂のガイコツシェフのガイコツ達四人組はコタツで向かい合わせになり、悩んでいました。 

 

程まで、ハデスが再現した天灯をみてうっとりしていた四人組でしたが、問題はその後に起きます。 

ハデスがコレットを地上に送り届けた後のことです。 

台所にきたハデスにシェフのガイコツは用件を伺います。 

 

デスは、コレットがシェフのガイコツが作ったお菓子をまた食べたいと言っていた事を伝えます。 

その言葉を聞いたシェフのガイコツは満更ではない反応を返します。 

 

「ホホホ、左様で。 

 そう言われるとやぶさかではございませんのう。 

 冥府のシェフとして今後も質を極めて参りまする!」 

 

う言うシェフのガイコツにハデスは「そうか」と返し、少し思案して提案します。 

その提案とは、『ガイコツ達に名前があった方がいいのではないか』という提案でした。 

 

してそれが今現在ガイコツ達を悩ませる原因となっているのです。 

冥府が始まって数百年、ガイコツ達自身も名前を名乗る時がきたのか!!と衝撃を受けます。 

 

かし、名付けを自分達でしなければいけない、これが今ガイコツ達が頭を悩ませるものでした。 

ハデスは名付けが不得意な為、ガイコツ達自身に任せたのです。 

そして、急遽ガイコツ四人組は緊急会議とばかりコタツに集まり話し合うのでした。 

 

「というかなぜ今頃になって」 

という1人のガイコツのもっともな台詞に別のガイコツが答えます。 

 

イコツの主義は『一流の家来にとなるべく“呼ばれる前に察する”を徹底する』です。 

それ故に、ハデスが呼ぶ前に基本的にガイコツが察知し、ハデスの前に現れて用件を伺い実行してきました。 

ハデスが何度か名前について考えてはいたようですが、名前を呼ばなくても問題がなかった為、うやむやになり今になったのではないかとガイコツは言います。 

 

イコツ達は身に覚えがあったのでその言い分に納得します。 

疑問は解決しましたが、当初の悩みの種である名前はまだ誰も思いつきません。 

「そもそもどうやって思いつくのか」とまで言い出し、それには別のガイコツが「自分の好むものを付ければいいじゃろう」と答えます。 

 

、ガイコツは「自分の好む…?」と更に疑問は出てしまい、結局のところ皆「わからん!!」となってしまいます。 

頭が動かす為、ガイコツ達は何か手を動かしながら考えようとします。 

そしてガイコツ達はクロノスとラダ達の部屋作りの続きをする事にしました。 

 

々、ガイコツ達は日々の仕事の合間を縫い、部屋作りに取り掛かっていました。 

部屋に向かい、乾かしていた塗装が渇いているのも確認し、それぞれ作業に取り掛かかります。 

 

リュシオンのクロノスの宮殿はカラフル可愛らしいものでしたが、冥府は薄暗いので色が映えにくくなります。 

なので、家具は白を基調として布に色味を持たせる作戦を立てていました。 

 

業に取り掛かっていると、一人のガイコツが「ハデス様の部屋を作った事を思い出す」と言い出します。 

他の三人達もその話題にのっかりだします。 

 

イコツ達はもともと世界が生まれた時に地下にいる生き物として、気が付いたら存在していました。 

たった5人しかいませんでしたが、ガイコツ達は何をするでもなく彷徨い、身を寄せ合って過ごしていました。 

 

能が高かった為、天井の方にある小さな亀裂から外を覗き、外の存在をしり、今自分達がいる所が地下だと徐々に把握していきます。 

そして気が付くと見知らぬ影がくるようになりました。 

そんな見知らぬ影から話を聞き、人間・人生・命・死・神について知ります。 

 

た、見知らぬ影からガイコツと呼ばれるので、自分達がガイコツという存在である事を知ります。 

そしてガイコツというのは外の生き物からすると異形であり、恐ろしく見目がよくないと知ります。 

そしてガイコツは逆にでは美しいとはどういうものなのかと考えるようになりました。 

 

イコツは戯れにコツコツ磨いた石を月の光に透かしてみました。 

キラキラと輝く石をみて、ガイコツは美しいと思う感情を知ります。 

そしてもっと美しいものに出会いたいと思っていた所、ハデスが地下に舞い降りてきました。 

 

の美しさにガイコツ達は感涙します。 

ハデスに死者なのかと確認され、ガイコツは元の住人であると説明します。 

ハデスは納得し、ガイコツに自己紹介をします。 

 

「私は天界の決め事によりこの地下を冥府とし、統治する神、ハデスである。 

 突然で悪いがお前達私の部下にならぬか?」 

 

デスは天界での世話人を皆解放した為、地下に詳しい側近が欲しいと続けて言います。 

そうして、ガイコツ5人はハデスの家来になりました。 

 

イコツ達は作業の手を止め、感動に打ち震えながら涙を流します。 

「あのときの高揚感…、あれは一種の恋かもしれん」 

と一人のガイコツがまだ止まらぬ涙を流しながらいうと、「わかる」と大きな同意が別のガイコツから返ってきました。 

 

してまた別のガイコツが興奮気味に言います。 

「ハデス様の見た目だけに惚れたわけではないぞっ。 

 あの方は我らを異形と言わなんだ!」 

と涙を流しながら言うと、また別のガイコツが強めに「そう!そこ!」と同意します。 

 

デスに自分達の見目について聞くと、ハデスはガイコツを初めて見る姿である事は認めましたが、それはガイコツにとっての自分もそうだろうと、姿はたいした問題ではないと言ったのです。 

そんなハデスに心底惚れ、ガイコツ達は今もずっとハデスについていくのです。 

 

い出してガイコツ4人組はきゅんきゅんしながら顔を赤らめます。 

懐かしい記憶の話は終わり、ガイコツ達は始めの問題に戻ります。 

 

「…ところで名前…、浮かんだか?」 

 

皆まだ全く浮かんでいませんでした。 

 

 

「手を動かすといいというのは何だったのじゃ」 

「ハデス様への愛が増しただけだぞ」 

皆汗をかきながらそんなやり取りをしますが、一人が「参考になりそうな名前一覧表があればいいのにのう」と言い、その台詞から別のガイコツが天界通信の存在を思い出します。 

 

ルメスの記事に『地上の人間に聞いた最近流行の名前トップ5』というものがありました。 

それを参考にガイコツ達はピンときたものを選ぶことにしてみます。 

 

ずは掃除のガイコツが選んだ名前を披露します。 

「諸君!ご機嫌よう。 

 ワタシは冥府の掃除係ニルスじゃ!以後ヨロシク!」 

そう言ってウィンクします。 

 

れを聞いていたガイコツ3人は拍手し悪くないとそれぞれ好評価します。 

そして続い他のガイコツ達も同じようにやり取りをしだします。 

 

「諸君!ご機嫌よう。 

 ワタシは冥府のシェフ、カフカ!以後ヨロシクの!」 

「諸君!ご機嫌よう。 

 ワタシは冥府のフロ係リリン!以後ヨロシクじゃ!」 

「諸君!ご機嫌よう。 

 ワタシは冥府の秘書シシューじゃ。以後ヨロシク!」 

 

れぞれの名前の発表が終わり、秘書のガイコツがこの名前をハデスが口にしたらどういった趣があるか各々に想像しようと提案します。 

 

して各々が名前を呼ぶハデスを想像し、悶絶します。 

あまりもの破壊力の高さに、日常に支障をきたす気がするという意見が出だしました。 

そんな四人組の所へ針子のハリーがやってきます。 

 

れている皆をハリーは心配しますが、皆は名前について考えていたと返答します。 

そしてハリーは名前について自分の意見を言います。 

 

「私はハリーがいいと思うん。 

 でもでもワタシハデス様から針子って呼ばれるのも好きじゃ。 

 ワタシの仕事を認めて下さってる感じがして」 

 

ういうハリーの台詞に「…たしかに」と他のガイコツは言います。 

そしてガイコツ達は結論を出し、ハデスに報告しに行きます。 

 

「ハデス様は我らをすでにとして識別し認めて下さっている。 

 姿の同じ我らにとってそれは至上の喜びでござりまする。 

 ゆえにハデス様がご不便でなければ、今しばらくは、 

 我らは名の無い家来でいたいという結論に相成りました」 

 

んなガイコツの結論に、ハデスも納得します。 

そしてハデス自身も名前をつけても同じ姿なので間違えてしまうと思い、なら姿だけで見分けられるよう努力すると決めた事を思い出し、その話をします。 

 

「お前達の個を私は知るべきで、知りたくて、

 知ってよかったと思っている。 

 これからも私の元にいてくれ」 

 

う言われたガイコツ達は「もちろんでござりまするぅ~~~~!!!」とまたもや歓喜の涙を流しながら返事するのでした。 

 

今回はこれで終わります。

【コレットは死ぬことにした】最新話99話感想

イコツのギャグ回です! 

前回がしんみり回だったので、ほっとしますね。 

 

してまさかのガイコツとハデスの馴れ初めが分かりました。 

ガイコツが心酔しているハデスの凄い所が良く分かる回でしたね。 

 名前の事を通して、またもやハデスとガイコツ達の絆は深まったようで、何よりでした。 

 

ころで、毎度ながらガイコツのハデスの妄想シーンですけれど、乙女ゲームかな?と思ってしまいます。 

ネタバレあらすじでは省略しましたが、見開きで色な角度のハデス様が声をかけて下さるので、本当に乙女ゲームだと思います。 

 

つまりガイコツは乙女だった…あれ、よく分からなくなってきました。 

ギャグ回はこんな回ですよね。 

 

回印象に残ったシーンは、名前の結論がでてハデスに報告し、そのガイコツの報告とハデスのやり取りを選びました。

 

ガイコツの言葉を借りると、ハデス様への愛が増したともいえるシーンだと思います。 

これはガイコツは一生離れられませんね。 

ハデスもハデスなりに自分の部下に真摯に向き合っているのが分かるとても良いシーンでした。

 

まとめ

コレットは死ぬことにした【最新話】99話のネタバレ感想を紹介しました!

タバレあらすじでは省略しましたが、次回もガイコツとハデスの話のようです。 

秘書のガイコツが独白で『我らとハデス様の夜はまだ終わらないのである!次回へ続く!!!』と言っているので、そうだと思います。 

 

またもやギャグ回なのか、それともハデスがコレットの元気にない様子をガイコツ達に相談でもするのでしょうか。 

 

次回も楽しみですね! 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ