漫画ネタバレ

ブス嬢・百華無双~私の肉で眠りなさい~【3話】ネタバレ!伝説の風俗嬢

『ブス嬢・百華無双~私の肉で眠りなさい~』予約が殺到する風俗嬢・百華はブスだ。しかし百華は男に媚びません。それどころか男が百華に相手して欲しくて媚び、札束を出すのです。そんな百花が新人研修の特別講師として訪れた風俗店で出会ったのは・・・?
お客の事を馬鹿にして仕事をちゃんと全うしないスズナ嬢の話・・・

大阪はもう制覇したから東京で「愛」を配ろうとやってきた百華は

最初運転手から始めて・・・?

【ブス嬢・百華無双~私の肉で眠りなさい~】3話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国

ブス嬢・百華無双~私の肉で眠りなさい~【3話】ネタバレ!

どこぞのデブスの女が本入店したのである風俗で嬢たちは驚いていました。

ましてや、ここで人気ナンバー1のスズナの太客まで既に虜にしてるなんて・・・

ーーー3日前

入店希望だと百華が店に面接にやってくると、店長は

その風貌を見て驚きました。

そして「あっちの店の方が合ってるんじゃない」と言い、

各明日のヘルスを指差しました。しかし百華はフッと笑って

「いいえ。この店の営業形態が私に一番合ってると思うの。」

と言いました。困った店長は、デリバリーの運転手が足りないから

そっちならどうだと百華を一応そこで雇うことにしました。

ーーーその夜、百華が客の相手を終えたスズナを車で迎えに行くと、

入れ込んでいるホストから連絡が来たからと次の客の約束を

すっぽかして「今日は早退します」と車を降りたので、

百華はビックリしました。「お客様が待ってるのよ?あなたプロでしょ?」

百華がそう言うと、

「プロ?楽して金欲しいからやってるだけだよ。

そのケチ客”アナ”があったらなんでもイケるからさ。

アンタ相手してやれば?」

と百華を馬鹿にして走り去って行ってしまいました。

百華は「しかたない」と言うと、

本来スズナを予約した客の元へ向かいました。

腹痛で今日はいけなくなったスズナの代わりに来たと言うと、

客がまぁいいかと言うので、百華はニヤッと笑いました。

―――店に戻ると、店長がスズナがまた仕事をすっとぼかしたと

頭を抱えていました。そんな店長に百華は、

「大丈夫。私がリカバリーしておいたわ。」

と言いますが、店長が「何の冗談言ってる?」と取り合いません。

すると、先ほど相手した客から「今日の子すごくよかったよ~。」

と褒めの電話が入ってきて、「百華のプレイは奇跡だよ」と言うので、

店長は目の前にいるデブスが「ミナミのモモカ」であることやっと気づきました。

大阪の男たちを「ヤリ倒れ」させてきた伝説の女がどうしてこんなことろに!?

店長は脂汗をかき、「なんで・・・」と百華に聞きました。

すると、

「笑いつかれてしまったから・・・

こんどは東京で「愛」を配ろうと思ってね・・・」

と答えました。これは即戦力!すごい!そう思った店長はすぐさま百華を

本入店させました。

ーーー翌日出勤してきたスズナに「どうだった?」と聞かれたので、

「とってもいいお客様で真摯に向き合ったわよ。私はプロだから。

と百華は真っすぐな目で答えました。

スズナは心の中で「ドブスのくせに!」と苛立ちながら、

店長になんで百華を本入店させたのかと抗議に向かいました。

しかし店長は

「好き勝手やう可愛い若い子より、

気の利くブスの方がいいんだよ」

と答えたので、苛立ったスズナはそのままお気に入りのホストのいるクラブへ

向かいました。

しかしサボった罰金でお気に入りのホストを引き止めておくお金もありません。

稼がないと・・・と思ったスズナは翌日心ここに在らずでお客の相手をしました。

そしていつものように時間を巻いてお金を貰ってすぐにホテルを出ました。

【アイツさえいなければ・・・】

そう思ったスズナはタバスコを持って百華のロッカーに入っている

下着へいたずらをしようとしましたが、すぐに百華本人に見つかってしまいました。

「アナタ・・・何してるの?プロ失格よ?

見た目でどうにかできるほどこの世界甘くないの。

裸で触れるということは「心」に触れるということと同じよ。

「心」に触れるための心構えをしてない今のアンタは

そのうち痛い目みるわよ。

百華にそう言われたスズナは悔しがり、店を飛び出しました。

すると、常連の客が待ち伏せしていて

スズナの前を通せんぼしました。

「るせー!どけよ!!」

スズナがそう言うと・・・

「ナメないでよねぇ」

そう言って今まで時間を巻かれていた腹いせに

男は包丁を取り出すとスズナに切りかかって来ました。

次の瞬間・・・!

百華が現れ一本背負いで男を投げ飛ばしました。

「ウチのキャストに何なさるんですか?」

百華がそう言って睨むと、

「ぐ・・・こんの ドブス!!

お客様は神様だろうが!!

とまた男が包丁を持って立ち上がったので、

「そう!!私は神前で祈るときの様に澄み切った心にならなければ、

完璧な性技を披露することは出来ないと考えております!

ですからお客様を「神様」と見てご奉仕するのです!!

私たちにとってお客様を喜ばせるというのは絶対です!!

が!!

キャスとを傷つけようとする輩は、言語道断!

と言って素早く亀甲縛りをすると百華は男を吊るし上げてしまいました。

その後、百華はスズナに近づき

「大丈夫?どこも怪我してない?」

と心配しました。そんな風に言ってくれた百華の前で

スズナは気が抜けたのか涙を流しながら

「怪我ないです・・・アンタみたいな嬢・・・

見たことないです・・・」

と言いました。その後、百華はその店を辞めました。

そして・・・

「・・・アレもずいぶん昔の話よね。

もっと稼げて楽な仕事探せばよかったのに・・・スズナさん・・・・

そう、スズナは百華の専属ドライバーになっていたのです。

ここが一番いいんです。

テキトーに楽して稼ぐよりもずっと楽しいですから。」

スズナはそう言うと、フッと笑ったのでした・・・

ブス嬢・百華無双~私の肉で眠りなさい~【3話】感想

ありゃ!専属ドライバー男かと思ってましたが、女性だったのですね!

しかも百華との出会いがそんな感じ!!

百華のお陰でまともな考えが出来るようになり、

百華と一緒に全国どこにでも行くつもりで仕えてるんですね。

それほど百華は真っすぐな心の持ち主で、誰しも尊敬するような女性ですよね。

こんな格好いい上司がいたらそらついていきたくなるのも納得です!

まとめ

次回のお話は政界の重鎮を百華が癒して、解決する話・・・の予感!

春ごろに新しい巻が出るようですが・・・待てませんね!!

あーーー次回が楽しみです!

ブス嬢
【ブス嬢・百華無双〜私の肉で眠りなさい〜】を無料で最新話まで一気読み!『ブス嬢・百華無双〜私の肉で眠りなさい〜』無料で読む方法。ある日、男に騙されて入店させられた新人研修の特別講師となる。百華によって、彼女は救われ変わる事ができるのか!? ...
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ