漫画ネタバレ

バイ・スプリング【2話】ネタバレ!売春している女の子

【バイ・スプリング】お小遣いゼロ、スマホ無しの極貧中学生と野良猫女子高生のセイシュン恋物語!

貧乏だから・・・そう言われて、惣太はずっと生きてきました。

好きな人ですら近寄ることも許されないのか・・・

【バイ・スプリング】2巻のネタバレを紹介します!

バイ・スプリング【2巻】ネタバレ!

お昼休み、惣太は非常階段で一人でおにぎりを頬張っていました。

するとこんな会話をする声が聞こえました。

「だからダメだって、俺、貧乏だもん」

「いやそれが違うんだって。すげー安く売春してるらしいんだよ。」

「まじかよ?俺達でも買えんの?」

男子たちの会話を聞くと、安く出売春している女が

春日橋の下にいるらしいとのことでした。

性に興味津々なお年頃の惣太は、女の子って買えるの?と思いました。

ーーー家に帰ると、母親が支度をしていました。

「ごめんね~ママ急に仕事に出なきゃで。ごはんは炊飯器にあるから」

そう言う母親に惣太は

「・・・おかずは?」

と聞きました。すると母親は財布から100円だけ取り出して

「はい、これで好きなもの買って食べてね。残りはお小遣いにしていいから」

と言いました。たった100円でも惣太にとっては大金でした。

食べたかったコロッケを一つ買い、公園で食べることにしました。

「お、惣太じゃねぇか!」

そう言ってマトバのおじさんが声を掛けてきました。

買い食いして母親に怒られないのか?とおじさんが聞いてくるので、

「お、お母さんは今日仕事が早くて コレ晩御飯」

と言いました。昨日は?と聞かれて、昨日は普通に・・・と惣太が答えると

「・・・そうかい。昨日、”あけみ”行ったときはいなかったんだよなぁ

そうおじさんが言うので、惣太はそんなはずはないと思いました。

おじさんと別れて、惣太は自転車を走らせながら嫌な気持ちになっていました。

母親が昨日仕事と言っていたのに、出勤してないことを知らされたからです。

自転車を走らせていると、いつの間にか春日橋に辿り着きました。

「いつの間にかこんなとこまで・・・」

惣太は昼休みに男子生徒が言っていた話を思い出しました。

”売春してる女がいるらしい”

惣太は自転車を河原に止めて、斜面を降りようとしました。

すると足を滑らせて、一気に下まで落ちてしまいました。

「・・・あぶな。こんなところに本当にいるのかな。

たしかに人気はないけど・・・」

惣太が独り言を言いながら、草をかき分けて進むと

女の子が段ボールの上に寝ていました。

寝ていた女の子は起き上がり、惣太を睨みつけました。

「・・・・あの!」

惣太が話しかけようとすると、女の子はまた眠ってしまいました。

 

バイ・スプリング【2巻】感想

100円だけでも嬉しがる惣太・・・・可哀想すぎます・・・(涙)

こんなにいい子にろくにご飯も与えず。自分は男ばかりかまっている

母親だとするとすごく腹が立ちますね!!

そして、性に興味ある年ごろですから女の子触ってみたい・・・

みたいなところウブで可愛いですね~♪

まとめ

河原で女の子を見つけた惣太。この子が売春している子なのでしょうか?

寝ちゃったけど・・・段ボール敷いているあたり、家出してここで

寝泊まりしてるんですかね・・・?次回の話が気になります。

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ