漫画ネタバレ

姉ヶ崎さんは幸せになりたい【32話】芽生えた妬み

【姉ヶ崎さんは幸せになりたい】という結婚願望が人一倍強い29歳独身女性の崖っぷちストーリー!

弥生と笠原の計らいで、アパートの住民たちは芳子にサプライズの誕生日会を開きました。

昔ならこんな手作り感満載の誕生日会なんて嘲笑っていた芳子ですが、

人の優しさと温かさに触れて、「ありがとう」と涙を流しました・・・

【姉ヶ崎さんは幸せになりたい】32話のネタバレを紹介します!

姉ヶ崎さんは幸せになりたい【32話】ネタバレ

「明日は母さんにちゃんと祝ってもらえよ」

笠原にそう言われた芳子は

「・・・・うん」

と照れながら返事をしました。

2人きりに突然なったので何を話したらいいか芳子が焦っていると、

「・・・あのさ、芳子に話したいことがあるんだ。

ちょうど2人きりだし・・・」

と笠原が言ってきたので、芳子はドキッとしました。

「え な 何?」

芳子がそう聞くと・・・・

「実は俺さ、弥生さんのことが好きなんだよね」

とまさかの事実を知らされることになったのです・・・

「本当はさ、去年告ってんの。

それでOKもらったけど、その30秒後にフラれたわ。

やっぱやめよ!ってさ。で、そのままずるずる片思い。内緒だぞ!

我ながら恥ずかしいけど、一目惚れっていう・・・

初対面は芳子もなかなか衝撃的だったけどな!

漫画のこと「馬鹿みたいな夢」って言いやがってさ。

芳子はそんな言葉を聞いて、

「もうそんなこと思ってないわ・・・」

と俯きながら言いました。

「分かってるよ。だから手伝ってくれてるんだろ?

どうした・・・?芳子?」

芳子は今にも泣きそうな顔になりながら

「もう寝るわ。明日早いもの」

そう言って自分の部屋に入りました。

【全然気づかなかった・・・】

ーーー私はきっとこれから何があろうと、

笠原が弥生を諦めようと、好きになったはもらえないんだーーー

早めに気付けてよかったじゃない・・・そう思い込もうとしました。

ーーー翌日、

芳子は弥生に頼まれてキレイ目のワンピースを弥生に貸しました。

「お父さんてばいきなり呼び出して、

偉い人が来るからちゃんとした格好で来いだって。」

偉い人?芳子がそう聞くと

「・・・実は私夢があってさ、このアパートをもっと大きくしたいと思ってるの。

永くこのアパートが続いて行けば、おばあさまも喜んでくれるかなって。

だからキャバもやってお金貯めてたんだけど、

やっと少し進めそうでワクワクしてきた!

笑顔でそう話す弥生に芳子は

「そう・・・それは良かった。

でも、弥生がそういう格好するといかにもキャバ嬢って感じかもね

と嫌味を言ってしまいました。

【本当は私より似合ってる・・・そう思ったのに・・・】

昨日まで羨ましいと思っていた感情が、

少しずつ妬みに変わってるのが自分でも分かりました。

お金も人望も余裕も目標もあって、

美人で結婚も焦らずにいつも楽しそうに生きているそんな弥生だから

笠原も好きになったんだろうと思いました。

【私・・・弥生みたいになりたい・・・

ううん。。。弥生だったらよかったのに・・・】

芳子はランチの場所に向いながら涙が出ました。

ーーー指定された場所へ着くと、大きなホテルだったので

ランチだとしても結構するのに母親は奮発しすぎじゃない?と芳子は思いました。

【私の誕生日だから?】

よしこがそう思っていると

「芳子ちゃんお待たせ」

そう言って母親が男性と現れました。

「まず先に紹介するわね。

私の再婚相手、瀧彦さんよ

と言われたので

「お母さん再婚してたの?!」

と驚きました。半年前に再婚したその再婚相手は

なんと・・・北楠グループの社長で知らない人はいない大企業でした。

「父親だなんておこがましい事は言わないが、芳子さん

なんでも頼ってくださいね」

そう言われた芳子は、詐欺とかじゃないよね?と頭が混乱しました。

「もう1人会わせたい人がいるんだけど・・・」

そう言われた芳子は次は誰!?と身構えました。

すると・・・イケメンの男性が現れたのです。

「初めまして。芳子さん。汐見朝陽です」

汐見は芳子の母親の再婚相手の従兄弟違いで、一族の中でも優秀な人

のため、いずれはグループを任せたいと思っているんだと紹介されました。

驚いて口をあんぐりしている芳子に母親がこう言いました。

「よく聞いてね芳子ちゃん。汐見さんはあなたの婚約者になるの

その言葉を聞いた芳子は

「婚約者!?」

と驚きの声を出しました。

【なにこれ 夢の中にいるみたい。

母の再婚相手はお金持ちで、いきなりイケメンの婚約者?】

願ってもみないような幸せのはずなのに

頭の中に笠原がチラついて、手放して喜べません。

「お・・・お母さん待って。急な話で私・・・」

芳子がそう言うと

「あらあら。どこが急な話かしら?

その歳で独り身なんて恥ずかしいでしょう?

母親はそう言うと、芳子がバッグにつけてきた

誕生日プレゼントで貰った手作りの人形のキーホルダーを見つけました。

「あら 芳子ちゃんそれは何?」

そう聞かれた芳子が

「これは・・・アパートの隣の部屋の女の子がくれたのよ。

た・・・誕生日だからって

と言うと、

「誕生日?」

母親は芳子の誕生日のことを覚えていない様子でした。

あらそう。でも、もうつけるのはやめなさいね。

手作りなんて小汚い・・・それにこのレストランにそぐわないわ。」

母親はそう言うと、その人形を握りつぶしました。

「芳子もそう思うでしょう?

あなたがその年まで独り身なのは母である私の責任だわ。

苦労させてしまったのね。でも、もう大丈夫。

すぐに誰もが羨む幸せを手に出来るわ。

芳子だって他の人より幸せになりたいでしょう?

そう言い放ちました・・・

 

姉ヶ崎さんは幸せになりたい【32話】感想

まさか・・・笠原・・・弥生が好きだったんかい・・・

そら弥生はいい子だけど、その本当の事を

今芳子に言わなくてもよくない?(涙)

芳子・・・告白する前にフラれた感じで可哀想・・・

そして、弥生を妬んでしまうという負のスパイラル・・・

というか、芳子が最初性格悪かったのって母親ゆずりだったんだな~

母親もステータスで生きてる女ということが分かりました。

こわい女だよまったく・・・

まとめ

姉ヶ崎さんは幸せになりたい【32話】のネタバレを紹介しました!

芳子の誕生日なんてまったく覚えてなかった母親。

この人は最初から今まで母親ではなく「女」だったんでしょうね・・・

芳子は弥生を今妬んでる最中・・・母親の話に乗ってしまうのか?

次回の話の続きが気になります!

 

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ