漫画最新話ネタバレ

暁のヨナ【192話】ネタバレ!ヨンヒと神殿

【暁のヨナ】花とゆめ12・13号が2020年05月20日に発売されました!

ヨンヒは手当てをするときかないにユホンに緋龍城へ連れてこられます。

ユホンはヨンヒのイルを見下さない正当な評価を聞き、ヨンヒに更に興味を持ちます。

その後も、何度か逢瀬を重ね二人は惹かれあいます。

しかし、母親に逢瀬がばれた事によりヨンヒは一度はユホンへの恋心を諦めようとします。

会わない様に避けていたのにも関わらず、偶然にもヨンヒはユホンと出会い、ユホンから気持ちを聞かされ口づけをされるのでした。

【暁のヨナ】192話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料試し読み/
まんが王国公式サイト

【暁のヨナ】192話ネタバレ

ユホンとヨンヒが婚約して三か月が経ちました。

閨にいるヨンヒにユホンは声をかけます。

「ヨンヒ、不自由はないか?欲しいものは?何かあれば俺に言え」

そうヨンヒを気遣うユホンに、ヨンヒは微笑みながら「はい」と応えます。

そしてヨンヒは三か月前の事を振り返ります。

ユホンにまた出会い、気持ちを告げられた後、ヨンヒは母親とユホンを引き合わせました。

母親はユホン見て覚悟を決め、一族の秘密を打ち明ける事にしました。

自分達一族は、緋龍王の末裔である事。

昔一族が自分達が正統な緋龍王の血筋だと名乗り、当時の王家に反乱を企てようとした事。

民衆からも嘘つきと刃を向けられ半数が処罰された事。

そのような過去から今は血を隠し静かに暮らしている事。

一族の人間は緋の病にかかり短命である可能性が高い事。

母親はそこまで一族の話をし、ヨンヒの事についてもユホンに話します。

ヨンヒとヨンヒが産む子は緋の病にかかってしまう可能性が高い事。

ジュナム陛下はそんな一族の娘との婚姻を許さないだろうという事。

母親の話を黙って聞いていたユホンは

「要するにバレなければ良いのだな?」

と返します。

驚いて聞き返す母親にユホンは秘密がばれなければ面倒ごとにはならないと改めて返します。

母親は話を信じてくれた事に驚きつつも、短命かもしれない事を再度ユホンに言いますが、ユホンは全く気にする様子はなく答えます。

「確証はないのだろう。

俺もいつ死ぬかわからん。

何一つとして俺がヨンヒを諦める理由にならない。

ただ平穏に暮らしたいのならば、お前達一族の身分には誰も介入せぬよう取り計らおう。

約束する、ヨンヒとお前達は必ず守ると」

ユホンの台詞を聞いた母親はユホンに最上位の礼をするのでした。

そしてヨンヒは血筋を隠して城に入る事になったのでした。

閨では、ユホンは寝床から立ち上がり、着替えながらもヨンヒの不安を取り除くように言葉をかけ続けます。

「お前は何も案ずる事はない。

俺が全てやっておく、親父の許しも得たし」

そこまで言い、ユホンは婚礼の儀の話から神殿と神官の話をしだします。

神官が婚礼の儀で神殿を使うように言ってきている事に対し、ユホンは不服を表しながら絶対にあの神殿だけは使わないとはっきりと言います。

ユホンはお告げとして政に口をだしてくる神官、そしてその神官の事を真に受ける父とイルも問題視していまいた。

そしてユホンは自分が王になったら神殿の在り方を変えるとヨンヒの前で宣言します。

ユホンは仕事に行ったので、ヨンヒは護衛のヒューリをつけて庭園を散策します。

散策していると、ヨンヒの前の方で見知らぬ幼い男の子が盛大に転びます。

ヨンヒは男の子を心配して声をかけます。

男の子は顔をあげ「大丈夫です、びっくりさせてごめんなさい」と頭をかきながら答えます。

可愛らしい様子にヨンヒが和んでいると、若い女の子の声が聞こえてきました。

「イスク」と呼び、男の子に駆け寄りすぐ転ぶのだから走らない様注意します。

イスクは女の子に謝罪します。

そんな様子を見ていたヨンヒは思わず女の子に「あなたの弟さん?」と話しかけます。

女の子はヨンヒを見て目を見開いてじっと見つめます。

ヨンヒは何も反応がなくただ見られている事に堪えかねて、声をかけて促します。

女の子はその呼びかけではっとし、ヨンヒに謝罪します。

そして自分達は兄妹ではなく、女の子自身は見習い巫女のカシと言い、男の子は見習い神官のイスクだと説明します。

カシは神殿に訪れる人の為に花を摘んでいたと説明し、ヨンヒに「貴方はヨンヒ様ですよね?」と確認します。

ヨンヒはカシが自分を知っていた事に驚きます。

カシはユホンが貴族の縁談を全て断り一般から正室を選んだ事で有名だからと説明します。

カシの話を聞いたヨンヒは少し顔を俯かせて自分が正室なのが未だに信じられないと話します。

カシはヨンヒの言葉を受けて、ユホンがヨンヒを選んだ事に驚いていると話します。

ヨンヒは「わかっています。とても不釣り合いで…」と口を開きます。

しかし、カシはヨンヒの台詞を否定します。

「そうではありません。

ユホン様は神殿がお嫌いですから、緋龍王信仰を否定されているのかと思いました。

否定されていないのなら歩み寄れるかもしれない…」

そう言うカシの台詞に違和感を感じながらもヨンヒも「えぇ、確かに、緋龍王を否定されていなかったわ」と返します。

ユホンがヨンヒを選んだ話から緋龍王信仰の話になったのが分からない故の違和感を感じていました。

そんな所にイルが現れヨンヒに声をかけます。

イルはヨンヒに城の暮らしは大変だろうから庭園でゆっくりするように丁寧に話します。

ヨンヒはイルの気遣いに感謝を述べながらも敬語を使わない様に願い出ます。

イルもヨンヒは姉になるのだから敬語を止めるように願い出ます。

2人はふふと笑い合いそしてイルは敬語を止めて話を続けます。

イルはヨンヒに婚礼の儀を楽しみにしている事、そして神殿で祝福を受ければ末永く幸福を与えて貰える事を話します。

ヨンヒは神殿の話で返答を濁すと、イルはヨンヒの意図を読み、ユホンが婚礼の儀で神殿に来ないのかと質問します。

ヨンヒは肯定します。

イルは

「なんてことだいくら何でも…。

それでは婚礼を認められないかもしれないよ…!」

と言い出します。

そんな台詞にヨンヒは驚きますが、イルはヨンヒの驚きなど気にもせず説明します。

緋龍王は高華国の象徴である事。

緋龍王を大切にしてこそ龍神様は我々を守って下さる事。

それを疎かにすると破滅を意味する事。

ユホンとヨンヒが神殿で祝福を受ける事で高華国の安寧を約束される事。

そんな事をイルは熱心にヨンヒに話します。

ヨンヒはそんな話を聞きながら、自分の血筋の事を考えます。

緋龍王が残したものは短い命で、そんな緋龍王への信仰が高華国の安寧に繋がるのかは私達も分からないと。

ヨンヒがそう考えていると、イルは如何にも名案とばかりにヨンヒに話しかけます。

イルは神殿へ朝の祈祷に行く所だったので一緒に行かないかという誘いでした。

イルは大神官に会う事をヨンヒに勧めます。

そしてイルとヨンヒ、カシとイスクは一緒に神殿に行く事になりました。

途中転ぶイスクにイルは手を差し伸べ、カシとイルでイスクの手をとり歩きます。

そんなイルの優しさをみていたヨンヒは、ユホンとイルが神殿を理解する事で歩み寄れたらと思うのでした。

ヨンヒは緋龍城の本殿よりも立派に見える神殿を見て驚きます。

そして中の祈りの場を見てヨンヒはなぜユホンが神殿を嫌悪していたのか理解します。

祈りの場は、頭を垂れる王家を大神官が見下すように出来ていました。

大神官が現れ、イルは祈りをすませ、大神官にヨンヒを紹介します。

大神官はヨンヒを見て目を見開きます。

そんな大神官の様子からヨンヒの心臓は大きく跳ねます。

早く神殿から去らなければと思うヨンヒですが、大神官はそんな事は気にも留めず近づいてきます。

「何故でしょう、

貴女から…とても…尊いような…何かを感じるのは…。

こんな感覚は初めてです、貴女…、もしや…」

大神官は震えながらヨンヒにそう言い歩み寄ります。

そんな大神官の台詞を受け継ぐようにカシが言います。

「私もです、大神官様。

この方から緋龍王の血の流れを感じます」

そのカシの台詞を聞き、大神官は「おおおお」と顔を両手で覆い、歓喜の声をあげます。

盛り上がる大神官にヨンヒは「待って」と声をかけますが、そんな事は気にも止められません。

そして事情が分かっていないイルに大神官はヨンヒが緋龍王の血を引く末裔である事を話します。

驚きすぐには事態を飲み込めないイルと、ずっとどこかに血はいきているはずだと信じていたと言う大神官に、ヨンヒは必死に

「待ってください。私は…ただの人間です」

と言います。

しかし、大神官は「緋龍王も人の姿をしておりました…!」というだけです。

次第に事態を飲み込んできたイルが今度は興奮しだします。

ヨンヒへ矢継ぎ早に質問します。

そんな時「イル!!」とイルの興奮を収めるように荒々しく声を出すユホンが現れました。

ユホンは怒った様子でそのまま何故ヨンヒを自分の許可なく、自分が嫌っている神殿に連れて来たのかとイルを責めます。

イルはそんなユホンの言葉には答えずに、ユホンはヨンヒの血筋を知っていたのかと尋ねます。

ユホンは「何を寝ぼけた事を」と誤魔化します。

しかし、イルは逆にユホンの態度に確信を得てしまいます。

ヨンヒを連れて帰ろうとするユホンに、今度はイルが問いただします。

どうして隠すのかと、緋龍王の血が城に還ってきた事は素晴らしい事だと、神の意志だと言います。

ユホンは「意味がわからん!ヨンヒは神ではない」ときっぱり言います。

しかしイルは普段のおどおどした様子はなく、激しいままユホンになぜ隠すのかと喰いつきます。

そして続けてユホンに、隠すのは血筋を知ったらイルがヨンヒに興味を持つと思ったからかと。

それとも、緋龍王をあがめるイルを馬鹿にしながらも、本当はユホンも緋龍王を欲していて、緋龍王の血を独り占めしようとしたんだと。

ユホンはイルの頬を思いっきり殴ります。

殴られて倒れるイルをユホンは怒りと絶望が混じったような顔で、歯を食いしばりながらみているのでした。

こうしてヨンヒの血族は神官達に知られ、恐ろしい弾圧が始まる事となったのです。

今回はここで終わります。

>>「暁のヨナ」193話ネタバレはこちら!

【暁のヨナ】192話感想

ヨンヒはユホンからの熱烈アピールに根負けをし、婚約しましたね!

そして、予想外だったのが、告白された後にヨンヒが母親とユホンを引き合わせたのが意外でした。

てっきり逃避行からの一族からの色々かなと予想していたので、全く外れてしまいました。

そして母親の語る一族の話から、ヨンヒの一族が外部とのかかわりをなるべく断って過ごしていた理由が分かりましたね。

更に今回の話で、ユホンがなぜ神官を嫌悪しているのか、それも分かりました。

これは確かにな…と思ってしまうのは、ヨンヒに感情移入しているせいでしょうか。

それにしても、神官の話でまさかの幼き頃のイスクを見れるだなんて…!

ファンとしてはテンション上がりますね!!

最後不穏な文面で終わりますので、次回がちょっと怖いです。

神官がヨンヒの一族の弾圧をしたのであれば、ユホンが神官を弾圧し追い出したというのはとても納得いくことです。

イスクには申し訳ないですが…。

転がるように運命の歯車が回りだして、なかなか目を離せない展開になってきました。

次回怖いですが、気になりますね!

今回一番印象に残ったシーンは、

『ヨンヒの母親が一族の話をユホンに話した後のユホンの返し方』

を選ばせて頂きました。

ユホンの男前っぷりがわかるシーンだと思います。

母親が言っている事が真実かどうかは調べる手段もないし、それが真実かどうかも興味がないし、それがヨンヒを諦める理由にならないというユホンの台詞ですよ。

ヨンヒ頬を赤らめてましたが、そりゃそうなりますわ!

顔には必死さはでてないませんけど、いたって真面目な顔ですけど、こんな熱烈なアピールありますか?

ギャップすごい…!!

なので、今回はこの下りが印象に残りましたね。

まとめ

暁のヨナ【最新話】192話のネタバレ感想を紹介しました!

次回は怒涛な展開な予感ですね。

さらっと弾圧の事、神殿とヨンヒをきっかけに心が離れてしまったユホンとイルの事などが描かれていくのでしょうか。

結末は知っているので、辛い展開になりそうですね…。

辛い展開だと思いますが、おそらく運命の歯車の重要な所を描かれそうではありますので、目が離せません!

次回も楽しみですね!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ