漫画最新話ネタバレ

暁のヨナ【188話】ネタバレ!そばに行きたいのに

【暁のヨナ】花とゆめ6号が2020年02月20日に発売されました!

ヨナと四龍は会えると聞いていた日になったのにも関わらず、当日急に会えなくなってしまいました。

ヨナはスウォンに面会を求め、スウォンの病について知ってしまったが故の行動制限な事に気付きます。

ヨナが自室で打ちひしがれていると、ジェハが窓からやってきて連れだそうとしてくれますが、ヨナは断るしかないのでした。

【暁のヨナ】188話のネタバレを紹介します!

【暁のヨナ】188話ネタバレ

キジャ、シンア、ゼノはジェハがなかなか戻ってこない事について話をしていました。

すると、ずぶ濡れのジェハが部屋に戻ってきました。

ジェハは濡れた身体を拭きながら皆に説明します。

ヨナがハク、そして四龍やユン達と会うつもりがないと言うこと。

そして、ヨナの様子からそれは本心ではないと言うこと。

来られると困るというのはヨナの本心だったということ。

それらを説明しながら四龍達は話し合います。

ヨナに何かがあったという事は推測できますが、ヨナの本心の困ると言われた事にジェハ達はどうしたらいいか分からなくなるのでした。

翌朝、ヨナの起き上がり、 リスのアオに話しかけます。

シンアの所に戻らなくていいのと尋ねるとアオはほっぺたをヨナの指に擦り付けます。

「ありがとう…来てくれて」

ヨナはアオにそう話しかけるのでした。

ヨナはご飯を持ってきてくれたミンスに、改めてスウォンに会えるように取り計らって貰えないか頼みます。

渋るミンスに、ヨナは秘密は守ると言い再度お願いします。

ミンスがヨナに返答を持ってきましたが、スウォンは忙しく時間がとれず会えないという返答でした。

ヨナは食い下がらずに分かったわとだけ返答します。

夜になり、ヨナは窓から出てスウォンの執務室へ向かいます。

このまま待っていてもスウォンに会える日は来ないと思ったが故の決断でした。

ヨナはスウォンの執務室に近付くと、後ろからついてくる足音に気付きます。

振り向くと、顔に傷がある大柄の男が立っていました。

男はヨナの肩を持ち、首を締めようとしてきます。

ヨナが殺されると思った時、スウォンが間に入って止めました。

スウォンの説得により、護衛のヒューリは手を引いてくれます。

そして、スウォンはヨナを執務室に招き入れます。

ヨナは首を絞められたので咳込んでいると、スウォンはヨナの首元をみます。

ヨナの首元には跡が残っていました。

思ったよりも近い距離にヨナが驚いていると、スウォンも距離を取ります。

スウォンがジュド将軍を呼んで部屋まで送らせると言い出したので、ヨナは慌ててスウォンを止めます。

ヨナは言いたいことが沢山ありましたが、咄嗟に言葉が出て来ず考え込みます。

今ここで何も言えないままだと二度と部屋から出れないと思うからこそ言葉を探します。

スウォンはヨナの様子を見て、何もないならと話を打ち切ろうとします。

ヨナは慌てながらもスウォンに話をします。

「ここに出入りする許可を頂戴」

ヨナのこの要求にスウォンは驚きます。

ヨナは続けてスウォンに説明します。

ヨナ自身会える人間と行動を制限されている事。

しかし秘密を守らせるならスウォンが把握出来る距離に居た方が都合が良いのではないかという事。

そしてイルの子としてスウォンの生き様を見届ける権利があるという事。

その三点を説明して、ヨナはスウォンに返答を求めました。

スウォンは少し間をあけ、無表情のまま了承してくれました。

その了承を経て、ヨナはスウォンの部屋から出て行きました。

行動範囲を広げて情報を得られるようになった事にヨナは安堵します。

約束さえ守れば現状も変えれるかもしれないとも思いながらも、ヨナの鼓動は大きく脈打っていました。

ヨナは大丈夫と自分に言い聞かせます。

皆はそれぞれ今は安全で、元気でいると。

私は頑張れると。

そう言い聞かせながらヨナは泣きそうになるのでした。

そんな時、兵士達が歩いてくるのが見えました。

ヨナは咄嗟に物陰に隠れます。

ヨナはそのまま去ろうとしますが、ハクの声が聞こえた為、振り返ります。

ヨナはその場に留まって思わず隠れながらもハクの様子を見てしまいます。

空の部族兵になりながらも、元気そうにしているハクをみてヨナは思わず微笑みます。

すると、ハクがヨナの方見ました。

隠れているのにも関わらず、近づいてこようとしているハクに気付いたヨナは慌てます。

そしてヨナは別の視線に気付きます。

先程ヨナの首を絞めたスウォンの護衛のヒューリが距離を取りながらもこちらの様子を窺っていました。

ヨナは走り出します。

ヨナが秘密を喋らなくても、一緒にいるところを見られたらハクを死罪にする口実を与えてしまうと考えた結果の行動でした。

ハクは走る足音に、ヨナだと確信を得ます。

そしてハクも走り出します。

ヨナは咄嗟に屋内に逃げ込みました。

足音もしなくなり、姿も見えない事に、ハクは眉をしかめます。

「姫さん…」

そのハクの呼びかけを聞いたヨナは思わず涙をこぼします。

「姫さん!!」

先程より大きな声でハクは姿なきヨナを呼びかけます。

ヨナは涙を流したまま、口元に手をあてて、声が出ないように息を殺すのでした。

今回はここで終わります。

>>「暁のヨナ」189話ネタバレはこちら!

【暁のヨナ】188話感想

うわぁぁぁヨナぁぁぁぁぁ!!!!

前回に引き続きつらい展開ですね。

しかし、ヨナは独りになりながらも、彼女なりのやれる範囲のやり方で、戦っています。

うわぁぁつらい。

今までがずっと皆と一緒で、離れ離れになって、漸く会えて、気持ちも伝えた後だったのに、この怒涛の急展開ですよ。

文では表しきれないのですが、ジェハの心苦しそうな表情とか、足音でヨナと分かった時のハクの表情とか、本当にもう、本当にもう…!!

ある意味美味しいですね…!

監視してたヒューリさん見逃してくれたかな…?

次回もとても気になりますね。

今回一番印象に残ったシーンは、

『ヨナがハクの立場をかんがえて走り出し、その足音にヨナと気付いて追いかけるハク』

のシーンを選ばせて頂きました。

もうね!表情がね!!!

最初は、なんなら「あ?」みたいな顔なんですよ、ハク。

でも少しの間で、ハッ!として、走り出して、真剣な顔で追いかけるハクがですね!

本当に、卑怯ですよね!!!

そこからの困惑した顔で、「姫さん…」ですよ。

分かってるのになんで姿見せてくれないのっていう困惑ゆえの呟くような呼びかけ。

そして足音だけで分かられてしまう位の関係性ですよね。

そりゃヨナも泣きますよ。

そんなわけなので、今回は断トツでこのシーンを選ばせて貰いました。

まとめ

暁のヨナ188話のネタバレ感想を紹介しました!

恐らく、今回はヨナとハクは出会えないでしょう。

このやり取りをジュド将軍かミンスが見て、あ、ヨナ本気なんだって思ってくれるといいなぁと思います。

そんな展開になりませんかね?

そうなってくれれば、ジュド将軍も少し軟化したりするのではないかなぁと思うのでそうなって欲しいのですけど、多分そうならないでしょうねぇ。

スウォンの執務室へ行けるようになったので、そこがどう展開に響いてくるかという所ですね。

あとはミンスからユンに繋がるのではと期待しています。

次回も気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ