漫画最新話ネタバレ

暁のヨナ【185話】ネタバレ!素のスウォンが垣間見える時

\画像クリックで無料試し読み/

【暁のヨナ】花とゆめ2号が2019年12月20日に発売されました!

ハクは三十五番隊に所属することになり、戸惑う三十五番隊員もハクの仕事っぷりと方針にやる気を出していきます。

そんな中ジュド将軍にハクは見つかり、スウォンに忠誠を誓えるかと問われます。

ジュドとやり取りをしているとスウォンの鷹がハクの元に降りていくのでした。

【暁のヨナ】185話のネタバレを紹介します!

【暁のヨナ】185話ネタバレ

ハクの元へグルファンが降りてきたまま、ハクはジュド将軍にここで口先の忠誠を誓っても何の意味もないと言います。

続けてヨナが同盟を結ぶ事を決めた以上、覚悟を持って緋龍城へ戻ってきた事、そして主君の誓いを一方的に反故しない事を伝えます。

ハクの覚悟を聞いたジュド将軍は抜いていた剣を鞘に戻し、その場を去ります。

ジュド将軍がハクをほっておくことに付き添いの兵士がよろしいのですかと確認をします。

ジュド将軍は「…あの男は危険だが、今の言葉に嘘はない。陛下には俺から報告する」と答えるのでした。

ジュド将軍が去って行った後、ハクはラパにイル陛下がユホンを殺したのか確認します。

ラパはケイシュク参謀からそう伝え聞いていると答えます。

ハクはケイシュク参謀が一番信用できないと言います。

ラパはケイシュク参謀がハクが思うより真面目である事、そして高華国にユホン派は大勢いた事を伝えます。

イル陛下が暗殺された夜、全員が復讐心からではなかった事、全てはスウォンを国王にする為であったと説明します。

ハクはジュド将軍とラパから聞いた話を振り返り、ハクはイル陛下の事もスウォンの事も知らなかった事実に気付きます。

そしてハクはヨナとあの裏切りの夜の事を話し合うのを今までは避けていた事、そしてもう向き合わなければならないと考えます。

場面は庭を散歩中のスウォンとゼノに切り替わります。

スウォンがグルファンの声が聞こえると空を見上げますが、その姿は見当たりません。

ゼノは本題を聞き出そうとしますが、スウォンは話がしたいとはぐらかします。

ゼノは自ら黄龍の能力に興味があるのかと尋ねます。

スウォンは不老不死がこの世に存在する現象に興味があると答えます。

そしてゼノはスウォンに見た事がないのに自分が不死な事を信じるのかと聞きます。

スウォンは武術大会で見れる事を期待していたと言います。

その台詞にゼノは黄龍の能力を見る為に武術大会開いたのではないだろうなと尋ねます。

しかしスウォンはそれには応えません。

ゼノは黄龍の能力が見たいなら自分を殺してみればいいとスウォンに言います。

スウォンは能力は見たがっていましたが、その提案には拒否します。

ゼノは慈悲の心があるのは意外と言いますが、スウォンはそれをすると他の四龍が暴れそうなのでと答えます。

ゼノはスウォンの掴めなさに困惑していると少し様子がおかしいスウォンに気が付きました。

ゼノがどうかしたのかとスウォンに確認していると、ジュド将軍がハクの事を報告しにやってきました。

スウォンは報告を聞く前にグルファンの声に惹かれて、グルファンのいる方向へ歩き出します。

そこでスウォンが見た光景はハクが兵士として働いている上をグルファンが飛んでいる光景でした。

その光景を見ながらスウォンは改めてジュド将軍の報告を聞きます。

ハクがケイシュク参謀の許可を得て一兵卒からの入隊をしているという報告を聞き、スウォンは頭を抱えてしゃがみ込みます。

「なにやってんの…」と言いながらもスウォンは姿勢を正し、ジュド将軍に判断を任せる事とゼノを部屋まで送るように言いって去って行きます。

そんなスウォンの様子を見たゼノはハクが関わるとスウォンも人間らしい顔をするんだと独り言ちるのでした。

場面はヨナの部屋に変わります。

ヨナはミンスを待っていました。

しかし、一向に姿を見せないミンスと、不定期的にくる女官やジュド将軍も一切姿を表しません。

ヨナは皆に会いに行くチャンスではないかと考えますが、返って悪くなってもと躊躇います。

そんな中、カタンという音が聞こえ、ヨナはミンスだと思い向かうとそこにいたのは意識朦朧としたスウォンでした。

ヨナに寄りかかるように倒れ、ミンスを呼ぶスウォンの様子にヨナはスウォンはミンスを探しにきたのだと悟ります。

誰か呼ぼうとしますが、誰もくる気配はありません。

ヨナは苦しそうなスウォンをみて、見たことのない症状を出しているスウォンに慌てます。

ふとヨナの脳裏に自分の父が暗殺された夜の事が過ります。

弱っているスウォンにトドメをさすのは容易そうにも見えました。

しかし、ヨナは苦しそうなスウォンの姿を見てその衝動を押し殺します。

ヨナはスウォンを抱きかかえて、静まれ静まれと声をかけます。

その声にスウォンは最初母親を思い出しますが、ヨナだと気付きます。

しかし、ヨナだということは夢だと思ったスウォンは、夢の中ならヨナに昔のように話しかけてもいいだろうと、「ハクが空の部族の兵士になっていたんですよ」と話しかけるのでした。

今回はここで終わります。

>>「暁のヨナ」186話ネタバレはこちら!

【暁のヨナ】185話感想

ハクの覚悟を聞いたジュド将軍がひとまず認めてくれました!

やりましたね!

ハクの目論見の一兵卒からの成り上がりはひとまずは阻止されずに済みました。

面白くなってきました…!

またスウォンがゼノを呼び出した真意がいまいち分からないのですが…。

やっぱりスウォンが時間を気にしていたので、何か病に侵されているのでは…?という前の推測が更に濃厚になってきました。

最後スウォンがミンスを探してヨナの部屋まできてしまった所など、その推測の裏付けになりそうですね。

そしてスウォンが王としてなく、ただのスウォンとしての顔はハクによって引き出される、恐らく小さい頃のヨナにもよって引き出されていたのでしょう。

なんて悲しい運命なのか…。

なんにせよ、次回も楽しみですね!

今回一番印象に残ったシーンは、

『スウォンが体調悪化している状態でミンスを探していたら、誤ってヨナの部屋にきてしまい、ヨナと対面しているのが夢だと思いながらも身を任せる』

シーンを選ばせて頂きました。

切ない!!!!!

本当に切ないです。

ヨナはヨナで復讐できるチャンスでもあるのではと一瞬脳裏によぎりますが、苦しそうにしているスウォンには何も出来ず抱きしめます。

ヨナの懸命な「静まれ静まれ」という声でスウォンは意識朦朧としている中、相手してくれているのがヨナだと思います。

しかしヨナならば夢だろうと思い、夢の中位ではとお喋りします。

本当に切ないです…。

前回ハクは昔一緒に見上げた空も、あの頃からスウォンと違うように見えていた、道は分かれていたと思っていました。

しかし、今回のスウォンの行動で、スウォンにとってハクとヨナは素を出せる人間だということが垣間見えます。

友情を育みながら、別々の道を歩くことになったけど、友情までは嘘じゃなかった…という事だと思います。

本当に切ないですね…。

一番胸にぐっときたのでこのシーンを選ばせて貰いました。

まとめ

暁のヨナ185話のネタバレ感想を紹介しました!

次回はスウォン回ですかね。

意識朦朧としている中、ヨナに話しかけた事により、ヨナはどう思うのか。

裏切られてからは昔みたいなやり取りは出来てなかった中でのやり取りなので、どう影響するか気になりますね。

また、ミンスが来たならば、スウォンの容体について何か分かるかもしれませんね。

またもや重要な要素の話が動きそうです。

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/
漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ