漫画最新話ネタバレ

暁のヨナ【184話】ネタバレ!下っ端兵ハク

【暁のヨナ】花とゆめ1号が2019年12月05日に発売されました!

大会はジェハとキジャの暴れっぷりで継続不可能となりました。

ハクは自分に出来る正当な方法を考えていると、ハクの存在に気付いた風の部族からお帰りなさいコールが起こります。

次第にそれは観客からもコールが起こり、歓迎ムードとなるのでした。

そしてハクは一兵卒からヨナの元まで駆け上がる事を決めるのでした。

【暁のヨナ】184話のネタバレを紹介します!

【暁のヨナ】184話ネタバレ

ハクは第三十五番隊に配属されました。

新人として紹介されたハクの事に、隊の人達はざわつきます。

ハクから交渉を受けていたケイシュクの側近の一人であるラパはケイシュク参謀の許可は条件付きで下りており、常に参謀の部下達が見張っていると説明します。

戸惑う第三十五番隊の隊長や隊員達をハクは先輩と呼称しながら、仕事を確認します。

それでも隊員達が惑っていると、他の兵士がきて朝の支度をするように急かされます。

慌てて取り掛かる隊員達から、ハクは割烹着みたいなものを渡され着るように言われます。

ハクは軍事演習かと思い、着たまま違う方向に行こうとするのをサンド隊長に止られます。

そしてハクは、三十五番隊の主な仕事は『掃除・給仕・洗濯などの雑用』と説明を受けます。

ハクはケイシュク参謀があっさり許可した事を納得するのでした。

ハクは重たい荷物をサクサク運び、要領良く給仕をし、合間に素振りをしていました。

素振りだけで凄い風圧を起こすハクに三十五番隊達は見惚れかけていましたが、次は片付けだとハクに指示します。

片付けもあっという間に終わらせて素振りに戻るハクの様子を見て、三十五番隊隊員達は『すごい奴は時の流れも違う』と驚くのでした。

すると、一人の隊員がハクに手合わせを願い出ました。

周りの隊員達に止められてもこんな機会は滅多にないと反論していると、ハクは「…お願いします、先輩」と返答します。

そんなハクの反応から、次々に「じゃあ俺も」「俺も」と希望者が出てきました。

ハクは一瞬で手合わを願い出た隊員達を打ちのめします。

そして隊員達はハクが将軍時代に空の部族兵を集めてしごいていた事を思い出します。

手練れの兵達が手加減したハクの一撃でやれていた事も思い出します。

更に当時のハクは三十五番隊は近付くことも出来ない遠い存在でしたが、なんとなくハクの強さに憧れていた事を思い出します。

隊員達が「やっぱり俺らは雑用が似合っているよな」と言いながら立ち上がろうとします。

それを聞いたハクは「…武器を扱った事すらないお嬢さんが毎日訓練してかなりの使い手になったりもするよ」と言います。

サンド隊長はハクにそれはハクに教えられたからなのかと聞きます。

ハクは否定し、「誰よりも強くなる為に必死だったんだ」と答えます。

他の兵士より兵舎の掃除に早く取り掛かるように言われたので、ハクは動こうとします。

サンド隊長はまた手合わせを願い出ました。

ハクは「じゃあちゃっちゃと終わらせるぞ、掃除」と返答し、隊員達からは「おおおお」という相槌が返って来るのでした。

軍を見回りながら隊士の報告を受けているジュド将軍は遠目でハクをみつけて、馬で駆け寄って行きました。

ジュド将軍が来るのを察したサンド隊長がハクに合図し、ハクとジュド将軍は相対します。

場面は変わり、ゼノがジェハとキジャの具合を確認しています。

緋龍城の力なのか回復が早く大分いいと話していると、いつの間にかスウォンが話に入ってきていました。

驚く四龍達をよそに、スウォンは武術大会のお礼を述べ、見舞い品を渡しました。

スウォンは武術大会の闘いが大変興味深かったと述べ、緋龍城の力で回復が早いのは本当かと尋ねます。

キジャは「そんな気がするだけだよ」とはぐらかしながら答えます。

スウォンは少し間をあけながらも「そうですか」と答えます。

そしてスウォンはゼノに話がしたい旨をのべ、散歩がてら話をする事を提案します。

キジャが自分も行くと言いますが、ゼノが大丈夫と断り、周りの様子をみてくると耳打ちします。

そうして二人は部屋を去って行くのでした。

場面は戻り、ジュド将軍はハクに何をしているのか問いただします。

ハクは三十五番隊の仕事をしていると説明します。

そこへラパがやってきて報告が遅れて申し訳ありませんと前置きし説明します。

ジュド将軍はハクに目的を問いただします。

ハクは目的もなにも同盟を提案してきたのは空の部族だったはずだがと聞き返します。

ハクに対し、ジュド将軍は空の部族軍の在り方を説明します。

王を守護する高華国最強の軍であり、スウォン陛下に絶対的な忠誠を誓う者でなければ入る事は許されないと。

続けて、「ケイシュク参謀が許可したとしても疑わしき者がいては必ずどこかで歪みが生じる、どうしてもと言うなら…!」と言い、剣をぬきます。

ラパが制止しようと呼びかけますが、ジュド将軍は構わずにハクに剣を向けて「誓え、スウォン陛下に忠誠を」と言います。

ハクは少し間をあけて「スウォンに直接言いたかったけどあんたに言うよ」と前置きします。

「どうしてイル陛下は殺されなければならなかった…?

どうしてイル陛下と姫さんはあんな裏切りを受けなければならなかったんだ!?」

そう言うハクの瞳は先程まであった光は消えていました。

ハクは怒りを静かに表しながらも続けて聞きます。

イル陛下のやり方が国を滅ぼすと危惧しているのならば、スウォンなら話し合い解決する事も出来たんじゃないかと。

ジュド将軍は、スウォンは生まれながらにしてイル陛下と溝がある事を言い、ユホンの死の真相を知っているかハクに確認します。

知らないというハクにジュド将軍はユホンがイル陛下によって殺されたと説明します。

ハクは信じられるわけがないと言い、ジュド将軍はハクは最も寵愛されていた部下だったので知らされない事も多いだろうと答えます。

そして、ハクは続けてそれが真実だったとしてスウォンは復讐だったというのかと聞きます。

ジュド将軍は復讐と安易に括ったところで納得しないだろうと答えます。

ハクは黙ったまま、その通りだと内心で思います。

何故なら復讐だとしてもなんの関係もないヨナを巻き込んでいる事に怒っているからです。

しかしハクはジュド将軍に聞かされた事で、ハクが何故イル陛下を殺したと考えていたように、スウォンがずっとユホンが殺された事を考えていたならずっと前からスウォンとは同じ景色を見ていないと思うのでした。

するとピィーーという鳴き声がします。

ハクが見上げるとスウォンの飼っている鷹のグルファンでした。

ハクが思わず名前を呟くと、グルファンはハクの元へ下りてきます。

ジュド将軍の傍にいた兵士がグルファンがスウォン以外の元に降りる事に驚きます。

ハクはグルファンに久しぶりだなと話しかけるのでした。

今回はここで終わります。

>>「暁のヨナ」185話ネタバレはこちら

【暁のヨナ】184話感想

若干ギャグ回でもありつつも、シリアスもぶっこんでくる回でしたね。

ハクと三十五番隊の人達のやり取りがほっこりします。

そしてハクは部族が違っても憧れられていた事もよく分かるシーンもありました。

スウォンがゼノと接触したのも気になる所ですが、ジュド将軍がハクを最終的にうやむやなまま認めるのかどうかも気になりますね。

次回も楽しみです!

今回一番印象に残ったシーンは、

『ハクとジュド将軍が相対して、ユホンの死の真相を聞かされ昔の事を振り返る』シーンを選ばせて頂きました。

これは文字で表せないのですが、漫画を見て!!と言いたいところなのですけれど、可能な限り書きますね。

まず漫画の今回のタイトルが『違う景色』なんです。

まさにここのシーンの事なんですけれど。

皮肉にも近しい境遇になったからこそ分かる事だと思うのですが、ハクはイル陛下が殺されてからずっと消えない憎しみの炎があります。

それがなかった時スウォンと一緒に見上げた空、その空を飛ぶグルファン。

一緒の景色を見ていたと思っていましたが、ユホンの死についてスウォンが考えているならその時から既にスウォンの思っている道は違ったという事をハクはここでやっと知るわけです。

違う道をそれぞれが歩いていたわけですが、それでも仲良くしていた時間は本当だったと思わせるかのように、昔と変わらずグルファンがハクの元へ降りてくる様は、ぐっときます。

なのでこのシーンを選ばせて貰いました。

まとめ

暁のヨナ184話のネタバレ感想を紹介しました!

次回もハクの回になりそうですね。

ケイシュク参謀はあっさり承諾したみたいですが、三十五番隊が多分ハクになつくのも時間の問題かと思います。

そしてハクの手合わせという名のしごきで、今までは他の部隊と差が広がる一方だった三十五番隊の皆が強くなっていき、最終的に認めざるえなくなっていくのではないかと思います。

まずは次回ジュド将軍の判断と、スウォンのゼノに対する動きが描かれると思いますので、そこからかなと思います。

ハクの成り上がり楽しみですね!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ