漫画ネタバレ

33歳、バツイチ、恋愛からはじめます【6話】一夜を共にして・・・

【33歳、バツイチ、恋愛からはじめます】バツイチって意外とモテる?!2か月前に離婚したばかりの岩盾ひかりは後輩の小郷翔から告白されて・・・?!

久しぶりに実家に帰ったひかりは、父親にまた「晃久はいい婿だったのに」と

言われてしまい、実家を飛び出します。三姉妹のひかりは昔から父親に

「お前が男だったらな」と言われながら育ったのです・・・

【33歳、バツイチ、恋愛からはじめます】6話のネタバレを紹介します!

33歳、バツイチ、恋愛からはじめます【6話】ネタバレ!

「急に誘ってゴメンね」

小郷を飲みに誘ったひかりはそう謝りました。

すると小郷は

「いえ、休日に誘われるの初めてで嬉しかったです」

と答えました。そんな風に言ってくれる小郷にひかりは

気晴らししたくてつい誘っちゃった自分はやな女かもと思いました。

「何かあったんですか・・・?」

そう聞かれたひかりはこう答えました。

「久しぶりにね、実家に帰ってみたんだけど

父に言われちゃったよ「いい婿だったのに」って。

私は三姉妹の長女で父はずっと男の子が欲しかったの。

そのせいもあってか元夫を理想の息子みたいに思ってたみたいで。

確かに魅力的な人だった。優しくて人を退屈させない。

けど私には耐えられなかった。誰にでも優しいあの人との生活が・・・

もう終わったはずなのに、いつまでもいつまでも・・・もううんざり!

ガシャンッ!

ワイングラスを落としてしまったひかりがそれを拾おうとすると、

「待って 手切ります。」

そう言って小郷が拾うのを止めると

「僕んちで 飲みなおしませんか?」

と誘ってきました。

ーーー2人はタクシーに乗り込むと小郷の家に向かいました。

【先輩がこんなに苦しんでいるのは

まだ未練があるからじゃないだろうか?】

小郷は心の中でそう思いました。

家に着くなり、2人はお酒が入っているせいかお互い裸になって抱き合いました。

「す・・・すみません ちょっとだけ待って」

馴れてない様子で慌てる小郷にひかりは

「落ち着いて。できなくてもいいから 触ってて・・・」

と言いました。晃久とは全然気持ちよさは比べ物になりませんが、

この余裕のなさが可愛くてひかりは心地よく感じました・・・・

ーーーその頃、楠木は仕事が終わりマンションに帰ってきました。

そして、「どんなキッチンにしたいか?」と小郷に聞かれた事を思い出していました。

【どんなキッチン?考えたこともない。

少なくともここは清潔

三角コーナーのゴミを漁って食べなくていい私のお城・・・

「あの人の可愛い奥さんなら、いいキッチンを造れるんでしょうね」

 

33歳、バツイチ、恋愛からはじめます【6話】感想

一夜を共にしたひかりと小郷。

完璧な晃久より、小郷の方がひかりの欲しい安心感をくれるようですね。

誰にでもいい顔をして自分を1番にしてくれないと感じた時、

独占欲の強い女の人からすると、晃久はしんどい相手なのかもしれません。

でも・・・ひかりは未練があるように感じます。

そして、楠木もまた悲惨な過去を持っているようです。

貧乏だったのか、それか親にネグレクトを受けたのか・・・

誰にでも手を差し伸べたい晃久は、キャバクラに通って

お金を使い、もしかしたら楠木を助けたのでは?と思ってしまいました。

まとめ

なぜ晃久がキャバクラに通うようになったのか・・・

楠木の過去が何か絡んできそうです。

そして、一夜を共にしたひかりと小郷ですが付き合うことになったのか??

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ