漫画ネタバレ

30禁【2巻7話】ネタバレ!若さがあるから出来ること

【30禁】森山志乃(30)結婚相手も一通り終えた同年代がいい。そう思っていたのに、9つ下の真雪から突然告白されて志乃は「自分の結婚相手が見つかるまで限定」という条件で真雪と付き合うことになり・・・?

健人にプロポーズされた志乃は、研修中の真雪にそのプロポーズをOKするのを

事後に話そうとしていました。しかし、その返事をしに行こうとする駅のホームで

志乃は真雪にまさかのプロポーズを受けたのです・・・!

【30禁】2巻7話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

30禁【2巻7話】ネタバレ!

「・・・私達、最初に約束してたでしょ?

結婚相手が出来るまでの条件の付き合いって」

志乃がそう言うと、

「うん、だから俺と結婚すればいいよ」

真雪が言いました。

「私、お見合い相手と結婚するって決めたの。

ちょっと気に言ってた子と付き合うとは違うの。

その時の気分で結婚なんてできないの。遊びじゃないの」

その台詞は真冬に言い聞かせてるんじゃなく、志乃は自分に言い聞かせていました。

「真雪くん 結婚ってそんな簡単じゃない。

結婚って難しいの」

まだ9個も下の子を結婚に縛り付けていいの?

自分が31じゃなきゃこんな考え浮かばなかっただろうなと志乃は思いました。

「俺は本気で!!」

必死に真雪がそう言うと、

「ごめんね ありがとう。

頑張ってくれてありがとう」

そう言って志乃は真雪の頭を撫でましたが、

その手を真雪は跳ねのけました。

【分かってる。この子は子ども扱いが一番傷つく。

でも これが一番・・・】

「要領がいい?」

その言葉に志乃はギクッとしました。

「わざと俺のこと子ども扱いして突き放して

俺を傷つけることで俺を守ろうとしてるんでしょ?

余計な事すんなよ

辛く切なそうな顔をする真雪を真っすぐ見れなくて、

志乃は次に来た電車に飛び乗りました。

頭の中で「しっかりしろ しっかりしろ」と自分を落ち着かせようとしますが

身体のほてりは止みません。

ーーー健人との集合場所に急いで向かうと

「走ってきたの?!」

と健人が驚くので

「待ち合わせ遅れちゃったから。

河合さん・・・河合さんのプロポーズお受けします。

私と結婚してください」

と志乃は言いました。しかし・・・実は先ほどホームで

志乃と真雪が一緒にいたのを見かけてしまった健人は、

そんな答えを貰えるとは思ってなくて固まりました。

「すみません。なんか目立っちゃって。すぐにでも言いたくて」

そんな風に言う志乃に健人は

「ありがとう。こちらこそよろしくお願いします」

と笑顔で言いました。

ーーーランチに向かった2人は結婚式のことなど色々話し合いました。

「僕たちまず何から始めればいいんだろう?」

健人のその言葉に志乃はもっと実感が欲しいと思い、顔を赤らめて

健人の顔を見ました。志乃のその様子を察した健人は

そのままホテルへ直行しました。

ーーーその日、家に帰ると真雪の姿はありませんでした・・・

数日後

健人が自分の会社の植木で作業をする真雪を見つけました。

「総務の方ですよね?納品書に印鑑いただけますか?」

真雪は健人にそう言ってきました。

エレベーターが点検中で10階まで一緒に上がることになり、

「君さ・・・うちのビルよく出入りしているから

女子に人気あるよ。今度飲みの場でも設けようか?」

健人がそう言うと、

「いえ、今そういう気分じゃないので」

と真雪が答えるので

「何?ふられたとか?はは 若いって色々あっていいね」

と健人は笑いました。すると、

「よくないですよ。若いってだけで相手にされないこともあるんです。

今、30代ならよかった

と真雪が言ってくるので

「30代って大変だぞ」

健人はあの日、志乃を抱けなかった事を思い出していました。

それは・・・志乃が真雪を思い出して泣いたからですーーー

「30代って言うほど大人になれないんだ。

でも、子供にもなれない」

そんな風に言う健人に真雪は

「それでも俺はあなたの歳が羨ましいです。

俺に下さいよ!その年持て余してるなら!

・・・・なんつって。すみません・・・

ちょっとイライラしてて」

と本気な顔をして言った後に、言い過ぎたと思って反省し下を向きました。

健人はそんな真雪にこう言いました。

「君の若さはどうやったって変えられない。

若いなら若いなりにもっと突っ走ればいいじゃないか

なんか応援ぽくなったか?そう思いながら

「なんて おっさんの戯言さ」

と言い変えました。

「おっさん?10階まで息切らさず上がってきて

あなた十分若いですよ

真雪にそう言われた健人もまたハッとさせられました・・・

ーーーその夜、志乃が自宅マンションに今後の事を考えながら帰ってくると

真雪がマンション前にいるのが見えず、スルーしてしまいました。

「どスルー!!」

その声にビックリした志乃は

「え?ま 真雪くん!」

と振り返りました。

「いたの?今ボーっとしてて・・・

ていうか・・・・何しに来たの?私はもう・・・」

志乃がそう言うと、

「志乃さんが結婚厳しいって言ったよね?

考えても考えても簡単なんだ。

一緒にいたいから結婚したい。

好きだから結婚したい。俺の事嫌い?」

と逆に真雪が聞いてきました。

「やめてよ私はもう・・・」

顔を背けた志乃に真雪は

「言って。言ってよ 俺の事嫌いって。

ねぇ言ってよ 嫌いって言って」

と言って志乃が「嫌い」と言えないと確信している顔で見つめてきました。

「なんでそんな意地悪するの」

志乃が困ると

「するよ。俺9個下の子供だもん。

聞き分け何てよくないし、あなたに夢中なんだ。」

「言って」と真雪が手を広げてそんなことを言うので、

「大嫌いっ」

と言って志乃はその腕の中に飛び込みました・・・

 

30禁【2巻7話】感想

あーーちゃーーーーー・・・・

志乃は健人に結婚OKの返事をしてしまいました!!

なんでやねーーーん!!心は健人にあらずでしょうよ・・・志乃さんよぅ・・・

そんな結婚よくないって絶対!!後悔しまっせ!!

健人もいい人だよな~。真雪に応援するような言葉かけてくれて

そのおかげで「若さ」で走ることができました。

そして、健人もまた自分にはもうないと思った「若さ」を

真雪のお陰で取り戻せそうな気がする・・・そんな予感です。

まとめ

もうこの恋止められないよね~

世間体とか安定とかそんなん考えてる暇はない!

その恋に素直に突っ走って欲しい!

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ