漫画ネタバレ

30禁【1巻5話】ネタバレ!捨てきれるのか?

【30禁】森山志乃(30)結婚相手も一通り終えた同年代がいい。そう思っていたのに、9つ下の真雪から突然告白されて志乃は「自分の結婚相手が見つかるまで限定」という条件で真雪と付き合うことになり・・・?

健人の15年付き合ってるのが女優の「逢坂美鶴」だと知った志乃。

なぜ結婚できないかというと女優で遅咲きの逢坂は

健人の結婚願望に答えることができないから・・・

そして志乃は一緒に住むようになった真雪に不満を爆発させてしまい・・・?!

【30禁】1巻5話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

30禁【1巻5話】ネタバレ!

産休に入った仲のいい同僚が出産を終えたので、

志乃は早速赤ちゃんに会いに行きました。

「おめでとう!母子ともに元気でよかった」

生まれたての赤ちゃんを見た志乃は可愛すぎて母性をくすぐられました。

「改めて思ったけどさ、出産もたいへんだったけど

育てるのはもっと大変でさ。

自分の体力はもちろん、手伝ってくれる親の体力のことも考えると

もっと早く産んどきゃよかったよー

同僚のその言葉を聞いた志乃は、健人と結婚するのが一番要領がいいけど

美鶴の事が頭に浮かびました。

ーーー家に帰ると焦げ臭いがしたので、真雪が料理失敗して焦がしたのだろうと思いました。

「せっかく同期の生まれたばかりの赤ちゃんのいい匂いで包まれてたのに~。

家事1人でやんないでよ」

志乃がそう言って片付けようとすると、

「なぁんだ。お見合い相手と会ってたのかと思った。

・・・なんかじっとしてられなくて。

でも何していいか分かんなくて・・・

別に志乃さんの婚活否定してる訳じゃないよ?分かってて一緒にいるんだから」

しょんぼりする真雪の姿を見て、志乃はこう言いました。

「次、お見合い相手と会うのは2月14日なんだ。

でも、ちゃんと真雪くんのチョコも・・・」

その話を聞いた真雪は

「いらない。俺ほんと昔っからバレンタインに興味ないんだ」

と言うので、なんか生殺しにしてるみたいだと思いました。

ーーー2月14日

志乃は健人のマンションを訪ねました。

「いらっしゃい どうぞ」

そう言って出迎えてくれた健人にお土産で志乃はワインを渡し、

チョコはちゃっかり持参してきました。

健人の部屋の中はすべて整っていて綺麗で志乃は感動しました。

そして・・・

「うんまっ」

健人の作ってくれた料理があまりにも美味しくて志乃は驚きました。

煮込み料理は週末仕込むと言う健人に

「私は逆だ。平日帰ってからパパっと作れるものばかりで」

と志乃が言うと、

「すごいね。手際のいい証拠だ」

と褒めてくれました。

家の事が出来ていいところを褒めてくれて

子供も欲しくて将来も一致しているこんな理想的な結婚相手はいないと

志乃は思いましたが、あとはエッチの相性次第だなと

今日は絶対やるよねと思いながら準備満タンで来ていました。

そしてどんどん進展させるにはちゃんと聞いておかないとと思った志乃は

「・・・あの、先日女優の逢坂美鶴さんにお会いしました。

彼女から河合さんとご友人と伺いましたが、・・・そうじゃない気がしました。」

その話を聞いた健人は

「隠してもしょうがないですね。

美鶴とは大学からずっと付き合ってます。

でももう散々話し合った。お互いの将来が一致しない。

話はもうついてます。じゃなきゃ森山さんとお見合いしないですよ」

と笑いました。その言葉を聞いた志乃は

「お見合いだけなら私たちはまだ他人です。

河合さんも逢坂さんもまだ好きなんでしょ?

河合さんは本当に大丈夫なんですか?

気持ちを抑えられるんですか?!」

と強く聞きました。すると、健人は真顔でこう答えました。

「抑えるなんてことはしない。美鶴を捨てます」

結婚相手としては完璧な答えを言ってくれましたが、

その日家に上がったのにセックスもせず志乃は帰路につきました。

それほど健人はダメージのある言葉を吐いたのだろうと志乃は思いました。

【結婚 進展してる・・・?】

志乃は疑問に思いました・・・

ーーー家に帰ると真雪が出迎えてくれました。

志乃は帰宅してすぐお風呂に入りながら、今日健人と会っていたことを

真雪は気を揉んでなかったかな?と気になりました。

職場でチョコを貰ったという真雪が一気にそのチョコを食べるので

もったいない!と志乃は思いました。

「ったく、ほんとバレンタイン興味ないんだね」

志乃がそう言うと、

「だってイベントと誕生日被ると特別感ないんだもん。

2月14日って 俺の誕生日

と真雪が言いました。

そのことを聞いた志乃は時計をバッとみると

23時40分を過ぎていました。

「誕生日・・・残り20分しかない・・・」

志乃は慌てて取りえずプレゼントとケーキを買ってくる!と財布を取りました。

「もうなんでこんな大事な事言わなかったの!」

志乃がそう言うと

ごめん わざと。

志乃さんがどんなリアクションするか見たかったんだ。

想像以上に慌ててくれて最高だった。

待ってるだけじゃつまんないじゃん」

と真雪が言うので、志乃は「大人をからかって」と赤面しました。

そんな志乃を抱きしめた真雪は

「ありがとう。そのリアクション全部嬉しかった。

十分すぎるプレゼントだ」

と言いました。

ーーー9個下のいたずらは、抱きしめる強さが本気で

自分の理性が壊されたーーー

「・・・好きにしていいよ」

その晩、志乃は真雪に強く抱かれました。

ーーーいつまでも君に身を任せていたいと そう思ったんだ・・・ーーー

翌朝・・・

志乃が起きると、真雪は仕事にもう出かけていました。

昨日の夜はただの刹那的な遊びで

また生殺しにして真雪をどんどん傷つけてる自分が志乃は嫌になりました。

このままでいいの?

そう思った志乃は、昨日健人が言った言葉を自分でも吐いてみることにしました。

「真雪くんを 捨てます」

その言葉を吐いた瞬間、志乃は辛くて苦しくて涙が溢れました。

「はは。こんなにダメージのある言葉だとは思わなかった」

志乃の中に確実に真雪への想いが深く根を下ろしていました・・・

ーーー結局 覚悟が必要だーーー

 

30禁【1巻5話】感想

健人・・・言葉では「捨てる」と言いましたが、

心の中では本気でそう思えない自分との葛藤が見れました。

本気で好きなのに結婚できない・・・将来が見えない・・・そんな辛い事あります?

どうしたら健人と美鶴が幸せな未来があるのかって考えちゃいます。

だって健人も美鶴もいい人そうなんだもんな~(涙)

そして、志乃もまた真雪と生活し始めてからどんどん真雪を手放せなくなってる自分に

気付きます。そうなんだよ~こっちも真雪がいい子すぎるんですよ!

あとは年齢と将来的な安定が気になるんだよね・・・

真雪と結婚するのもありだけど、現実的に

子供産めば今みたいにバリバリ働けないし、

金銭的な問題でどうしたらいいのか分かんないです・・・

まとめ

「やっぱ待つだけじゃつまんない」

と真雪は何かを決意しました。その決意とは何・・・?!

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ