漫画ネタバレ

30禁【4巻16話】ネタバレ!年末の忘年会で

【30禁】森山志乃(30)結婚相手も一通り終えた同年代がいい。そう思っていたのに、9つ下の真雪から突然告白されて志乃は「自分の結婚相手が見つかるまで限定」という条件で真雪と付き合うことになり・・・?

同僚にお願いしていた仕事がちゃんとでき上ってなくて、

自分の責任だと頭を下げ、納期を送らせてもらったため

クリスマスイブも仕事になってしまった志乃。

有川に手伝ってもらい、東京に帰れる時間に仕事が終わった志乃は・・・・?

【30禁】4巻16話のネタバレを紹介します!

\期間延長!最大80%還元!/
まんが王国

30禁【4巻16話】ネタバレ!

ーーー仕事納めの日、

志乃は仕事が終わったらすぐ東京に戻るねと真雪に電話をしました。

そんな中、小田から今日忘年会をするけどどうですか?と誘われ、

歓迎会もなかったのにと志乃は嬉しく思いました。

あんなに邪険にされていたのに、みんなが徐々に受け入れてくれてることが

志乃は純粋に嬉しく

「行きます!」

と言ってしまったので、真雪に忘年会が終わってから帰るでもいいか?と

連絡を入れました。真雪が「楽しんできて」と言ってくれたので、

その言葉に甘えさせていただき、志乃は気持ちよく忘年会に参加できることになりました。

ーーー忘年会会場の居酒屋で

「そうそう。森山さんの旦那さんってすごい年下なんですよね?」

「どうやって付き合ったんですか?」

そう聞かれた志乃は、「私の話なんて・・・」と恥ずかしそうに最初しましたが、

「30過ぎて・・・結婚に焦り出した時

会社のビルの造園業の子が声かけてくれて

10個も下だから結婚相手にはならないって別の人とお見合いしたんだけど、

ただただ彼が頑張ってくれて心を動かされたの

と言って志乃はどうやったら簡潔にあの感情とあの時の想いとあの子の情熱が

伝わるかと思いましたが、やっぱり上手い事いかないなと思いました。

ーーー真雪くんを好きになった気持ちを簡単にはまとめられないーーー

その話を聞いた同僚たちは「なんかラブラブですね」と言ってくれました。

横で静かに聞いていた小田は

「ただ ただ頑張るしかないのか」

と感化されたようでした。

そして、忘年会が盛り上がりすぎて終電に間に合いそうにない志乃は

真雪に「明日の朝イチに帰ってもいいか?」と連絡を入れると、

「気にしなくていいよ」と返信が帰ってきたので、

流石に甘えすぎてるなと反省しました。

「森山?女子トイレならその角だぜ」

宴会の個室の外で携帯をいじっている志乃に有川がそう声を掛けました。

「違うの。旦那にライン。

ほんとよくできた旦那様なの」

志乃はそう言って柔らかい表情で笑いました。

そして、志乃が個室へ戻ったのを見送った有川は独り言を言いました。

「あいつ・・・あんな惚気るタイプじゃなかった。

あんな顔するヤツじゃなかった。

俺の知らない森山が見え隠れして ビビるわ」

有川の表情は少し切なそうで戸惑った顔をしていました・・・

ーーー有川がトイレから帰ってくると、

「あ 有川さん。隣座ってもいいですか?」

小田は勇気を出して有川にそう言いました。

少しの間の後、

「何改まってんの?馬鹿じゃねーの。早く座れよ」

と有川が言うので、小田は赤面しながら「はい」と言って横に座りました。

「小田さー、ちゃんと食ってる?

さっきから料理とりわけ立ち飲み物注文してばっかりだろ?

少しゆっくりしろよ」

有川にそう言われ見てくれてたんだと思った小田は少し嬉しくなりました。

そんな風に言われたのに、また有川の飲み物を注文しようと気を遣う小田に

有川は笑いました。

「小田って かわいーな」

その言葉に小田は天にも昇る気持ちになりました。

「森川さんと有川さんって同期なんですよね?

結婚しないんですか~」

そう言っていじられた有川は「俺をいじるな」と怒りました。

「出会いがないわけじゃないじゃないか。

例えばうちの部署だって女の子多いし

そう言われた有川は無意識に志乃を見てしまいました。

「なんであいつを見るんだよ」そう思いながら有川はこう答えました。

「会社の人間に手出すなんて絶対ないわ」

その言葉を聞いた小田は横でショックを受けました・・・

ーーー解散になり、志乃は有川に

「ほんとによぉ 結婚してゴールしてる奴はいいよな」

と言われたので

「別に結婚がゴールじゃないよ」

と返しました。それを聞いた有川は

「そんな風に言うのやめろよ」

とボソッと言いました。何か言った?と志乃が聞き返した時、

丁度真雪から電話がかかってきました。

電話中の志乃に有川は聞こえない声で

「ゴールしてないなら、まだ可能性があるって思うじゃんか」

と言いました。

志乃は酔っぱらった同僚が周りで騒ぐので、電話の真雪の声が

聞き取れず「なんて?」と聞き返していると

「あ 志乃さん みーつけた」

そう言ってなんと!後ろから真雪が現れました。

ビックリしている志乃に真雪は

「ごめん。小さい男って思われたくないけど、

やっぱり今日会いたくて最終の新幹線飛び乗っちゃった。

志乃さんと離れてると俺、情けなくなる」

と言いました。

真雪の姿を発見した酔っ払いの同僚たちが

「ちょっと森山さん!その子旦那さん!?」

「若いわ~」

「結構イケメン!」

そう言って絡んできました。

真雪は女性たちにべたべた触られながら、そばに居た有川を見ました。

すると、有川が顔を背けたので

「俺はいくら触ってもいいけど、志乃さんに手出したら許しませんよ」

と言いました。

その姿を見た小田は

「・・・すごい。ただただ頑張るって・・・

これくらい大胆に頑張らないとダメなのかも・・・」

そう言って有川の方を見ました。

ーーー志乃は会社の人の前でやめてよ!と文句を言いながら

1人暮らしのマンションに真雪を連れて帰りました。

そして、玄関に入ると待ちきれないとばかりに熱いキスを交わしました。

「・・・・志乃さん なんかエロい」

ーー結婚がゴールなんかじゃない。

まだまだ どんどん好きになって行くよーーー

 

30禁【4巻16話】感想

歓迎会もなかったのに、忘年会に呼ばれて

徐々に受け入れてってるんだ!って実感すると嬉しくなりますよね~♪

それもこれも志乃の人柄と頑張りのお陰ですよね!素晴らしい!

忘年会で終電に間に合わなかったけど、逆に真雪が会いに来てくれました♡

素敵~!!すぐにお互い会いたかったんだもんね!!

そしてそして!有川はやっぱり志乃が好きなんだね~

しかも、狙って来ようとしている・・・そして男の勘?なのか

それに気づいている真雪・・・バチバチ感が否めないですね~

まとめ

会いたくて終電でこっちから会いに来ちゃった真雪。

やっと年末一緒に長い時間いれますね♪

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読む方法

漫画アプリの無料キャンペーンで1巻無料で読むことが出来ますが…

どーせなら2巻も無料で読みたい!分冊版なんてあっという間に読んじゃうから、なんなら全巻無料で読みたい!って思ったことはありませんか?

[無料試し読み]で無料で読めるけど、ほんの数ページでストレスがたまります!!

もっと読ませてーー!と同じ思いをしているあなたに^^

今すぐ無料で気になる漫画や最新刊を読むことのできるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ